50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

しばらく仕事を休むことになりました

こんにちは、まるぞーです。

本日の投資:新興国株に1万円の買い注文。 追加投資額累計:43万円

 

昨日会社に行ったら、私があんまり辛そうにしていたので、呼び出されて面接を受けました。

 

私は正直に、最近全然眠れていなくて、もうフラフラだということと、精神科の医師からも仕事を辞めるか、休んだ方がいいと言われていることを告げました。

 

それで、今日からゴールデンウイークまで、休暇をもらうことになりました。

 

もちろんアルバイト待遇ですので、その間給料は全く派生しませんが、そんなのどうでもいいです。

 

それどころではありません。

 

実際私はもう疲れ果てて、本当に体が鉛のように重く、くたくたですし、頭もぼおっとして回りません。

 

黄斑部の症状も、眼科の検査では異常なしでしたが、その後少し悪化しています。

 

今日から2週間以上の休暇は、何よりもうれしいことです。

 

正直ほっとしました。

 

これが障碍者枠雇用の良いところですね。

 

バイトとはいえ、普通の職場だったらこうはいきません。

 

こんなこと正直に話したら、まず首です。

 

実際私は、もう辞めてもいいかなあとまで思い始めていましたので、しばらく休めるというのは、最高の待遇です。

 

ついでに何が辛いのか聞かれたので、正直職場の環境には少しづつ慣れてきたものの、パソコンワークが難しくて、本を読んでも分からず、それがストレスになっていると言いました。

 

すると連休明けから、しばらく仕事内容を軽作業に替えてくれると言われました。

 

これまた願ってもない、ありがたいことです。

 

今まで格好をつけて、「会社」などと書いていましたが、本当の所は、私の働いているところは、障碍者向けの就労支援施設なのです。

 

しかも格好をつけて、イッチョ前にパソコン作業などと、私の苦手なコンピュータを仕事にしようと試みましたが、やっぱり私には無理でした。

 

頑張って挑戦してみたもののダメだった、また負けてしまったという挫折感はあります。

 

やっぱり私はもう何もできないんだ、障碍者なんだと、ちょっと気分が落ち込んでしまいました。

 

でも仕方ありません。

 

障碍者向けの楽な職場でも務まらないのですから、ましてや仕事のストレスと緊張感から夜眠れなくなってしまい、睡眠薬が全く効かなくなってしまったのですから、これはもう完全なうつ病です。

 

今までこのブログでも格好をつけて、あまり「うつ病」のことは言わず、「セミリタイア」などと言っていますが、実際は、私は自らセミリタイアしようと思って仕事を辞めたわけではなく、うつ病を発症し、何度も休職を繰り返した結果、会社を首になったというのが本当の所です。

 

次がラストチャンスだと思っています。

 

もし軽作業でさえ勤まらなかったら、もうどんな仕事も私には無理です。

 

もう格好をつけても仕方がありません。

 

精神障碍者というレッテルを背負って、それでも私はそれを受け入れて生きていこうと思います。

 

幸い資産は、今まで頑張って、ちゃんとした会社で働いてきたおかげで、ある程度はあります。

 

今コロナショックでリスク資産を大きく減らしたとはいえ、コロナの終息と共に、いずれは株価も戻ってくるはずです。

 

資産を切り崩しながら、つつましく生活していこうと思います。

 

私はもう50も半ばです。

 

あと10年食いつなげば、おそらくは、ギリギリ食べていけるか、ちょっと貯金から追加すればしのげるだけの年金がもらえるはずです。

 

それまで何とか頑張ります。

 

それに仕事もまだ辞めたわけではありませんからね。

 

コロナで職を失っている非正規労働者がたくさん出てきました。

 

これからもっと増えると思います。

 

自殺者も出るんじゃないでしょうか。

 

テレビを見ていたら、緊急の電話相談で、すでに自殺を考えている人の声が紹介されていました。

 

それに比べたら、私なんて、ほんとに恵まれていますよね。

 

感謝しながら、生きていきたいと思います。

 

それではまた。