50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これからの生き方について考えてみました

こんにちは、まるぞーです。

 

昨日は資産公開だけで、自分のことは一切書きませんでしたので、今日は私のことを書きます。

 

まず金曜日、精神科へ行ってきました。今仕事を休んでいることを話し、薬の調整をお願いしましたが、仕事を休んでからこの2日間よく眠れているので、今は現状のままで、「仕事を再開してからまた寝られないようだったら、その時に考えましょう。」と言われ、結局今回は、薬の変更はありませんでした。

 

それで金曜の晩は、また2時間で目が覚めてしまい、睡眠薬を飲むも、やっぱり全然効かず、その後眠れませんでした。

 

おかげで昼間ソファーに寝転んで、テレビ(録画)を見ていると、何度もうとうとしてしまい、気が付くと15分から30分ぐらい経っていて、録画を巻き戻しては、見た記憶のないところから再び見るのですが、また寝てしまい、それを何度も繰り返すので、1つの番組が、いつまでたっても終わりません。

 

そんなことを繰り返しながら、洗濯、掃除、買い物と家事をこなし、簡単なものですが食事を作って食べ、1日が終わりました。

 

今朝もまた4時に目が覚めましたが、昨晩寝たのもやはり11時ですので、5時間連続で寝られました。

 

11時に寝て4時に起きるのが、どうやら習慣になってきました。

 

ただ5時間寝られれば、まあ十分とは言えないかもしれませんが、健康に生きていくには足りている睡眠だと思い、これで良しとします。

 

さて、仕事を休んでから、これからどうやって生きていくか、ずっと考えていますが、1つやりたい仕事が見つかりました。

 

もちろん今の職場には復帰して、続けられるならそこで頑張ってみるつもりですが、もしダメだったら辞めて、次の仕事としてやってみたいというか、これならやってもいいかなあという仕事が見つかりました。

 

それが何かということは、今はまだ恥ずかしくて書けません。

 

女性のパート(おばさん)がほとんどの仕事で、夏休み中は大学生のバイトもいるそうですが、男の人はほとんどいない仕事です。

 

正社員はすごく大変ですし、資格もいる仕事ですので、もちろん私は正社員は目指してはいませんし、目指してもまず不可能です。

 

私がなりたいと思っているのは、その補助員のバイト(パート)の方です。

 

ネットで調べてみたのですが、やはりいいことばかりではなく、その仕事は思いっきり人と関わる仕事なので、人間関係は濃密です。

 

おそらくは職員同士のトラブルも出てくると思います。

 

ですからやってみたら、やはり大変で私には勤まらないかもしれませんが、それでも初めからダメだと決めつけずに、やってダメだったらまた辞めればいいと思い、挑戦してみたいと思います。

 

ただ、男の少ない主婦のパートがほとんどの世界ですので、私のようなおじさんは、かなり特異な存在でしょうし、まず雇ってもらえるかどうかが、はなはだ疑問です。

 

今度の仕事は障碍者枠はありませんので、逆に病気のことを言ったら、まず採用はされません。

 

ですから病気のことは隠して面接しなければなりません。

 

かなりハードルは高そうですが、でも応募して落とされたらそれで諦めはつきますし、とにかく私はチャレンジしてみたいと思うのです。

 

セミリタイアした時点で、私にはもう失うものは何もありません。

 

1度きりの人生ですから、もう嫌なことを我慢して続けるのではなく、いやだと思ったらスパッとやめて、また別のことにトライしていこうと思います。

 

1度やめてしまうと、次の仕事はますますハードルが高くなってしまいますが、チャレンジしてダメなら諦めがつきますが、やってみないことにはわかりません。

 

今回の仕事も、やってみて初めて大変なことも分かりましたし、今までの仕事もやってみなければわかりませんでした。

 

大変なこともいっぱいありましたが、やりがいを感じたこともありますし、時には楽しかったこともあり、今となってはよい経験をしたと思います。

 

とにかく今回のコロナ騒動もあり、私の人生も、いつ終わるかわからないと思うようになりました。

 

それがなくてももう50代半ばです。たった1度の人生ですから、死ぬ前にあれもやっておけばよかったと後悔するよりも、やってみたけどダメだったと思えるほうがずっといいです。

 

とにかく私は残りの人生、やってみたいと思うことは、みんなトライしてみようと決めました。やってみてダメだったらそれで諦めがつきます。

 

もちろん可能なことと絶対に不可能なことがありますが、とにかく少しでも可能性があると思ったら、チャレンジしてみるつもりです。

 

残された時間はもうそんなに長くはありません。寿命はわかりませんが、新しいことをするには決して十分な時間があるとは思いません。やりたいと思ったら、今やらないといけません。

 

ということで、これからの人生に一つの目標ができました。ただそれが何の仕事かということは、やはり内緒にしておきます。

 

なぜかというと、恥ずかしいというのもありますが、もし私が本当にその仕事に就くと、ブログにもいろいろ書いていくと思いますので、身バレが怖いのです。

 

今までの仕事についても私は、職種については書いてきませんでした。

 

私は極度の心配性ですので、職場の同僚や、身内などに身バレするのが、とても不安です。

 

だって知られたら恥ずかしいことも書いていますし、私の資産がこれだけあるということが万が一知られたら、ちょっと職場に行きづらいですからね。(ブログもやめなければいけなくなります。)

 

ということで、読者の方々には申し訳ありませんが、職種については伏せさせていただきます。

 

ただしまだやると決めたわけではありません。

 

今は4月から始めた職場で、もう一度頑張ってみるつもりです。

 

あくまでそれがどうしても我慢できず、辞めることになったらという話です。

 

ただし辞めることになったとしても、今のコロナ感染が収束するまでは、働かないつもりです。

 

どのみち次の仕事は、人と密に接触する仕事なので、今はたぶん休みのはずです。

 

ハローワークに出かけていくのも、今はあまりにリスクの高いことです。

 

ですからもし今仕事を辞めたら、コロナが収まるまでは、しばらくまた元の無職生活に戻ります。

 

4年も続けてきた生活ですから、むしろそれは私にとっては快適なものです。

 

今思えば、図書館に行ったり、テニスやボランティアにも行き、投資をしてブログを書く。お金の問題さえなければ、それでいいような気がしてきました。

 

現在は、テニスもボランティアも中止、おまけに外出さえできませんから、改めて失ったもののありがたさを感じているところです。

 

この4年間の無職生活は、今にして思えば結構快適でした。

 

ですからいろいろとチャレンジはしてみますが、最終的にはこの無職で誰とも付き合わず、1人で過ごす生活、趣味は読書とテレビ鑑賞、あとは投資とブログの生活です。

 

もしかしたらこれが最終形で、これが理想なんじゃないかと思えてきました。

 

コロナのおかげで、外食をしなくなったら、結構生活費が削減できました。

 

ずっと自宅にいて自炊するので、食費と光熱費はアップしましたが、それでも私は贅沢な食材は買いません。

 

むしろ実家との往復がなくなったせいでガソリン代も節約でき、これが結構大きかったようで、今月の生活費は10万円ほどに抑えることができました。

 

これなら月々10万円生活も可能になりそうです。

 

ただし、固定資産税や、たまの大きな買い物、車検や税金、医療費など、臨時の大きな出費もありますので、それを考えると、単純に月10万円の年間120万円では生活できません。

 

やはり月10万円で生活できたとしても、年間150万円は見ておきたいところです。

ただし今までは、年間200万円で計算していましたので、150万円となると、ちょっと計算が変わってきます。

 

これだとぎりぎり無収入でも逃げ切れるかもしれません。

 

投資も今は大損していますが、いつかはコロナも収束するでしょうし、そうしたら株価もまた上がってくるはずです。

 

その時は今の追加投資が効いてきます。

 

とにかく20年以上のスパンで考えていますので、投資でもお金は絶対に増やせるはずだと確信しています。

 

そんなわけで、結局は今の生活でいいんじゃないかという結論です。

 

ただしお金は余裕があった方が安心できますので、出来れば少しでも楽に、そして不安ををなくすために、アルバイトはしてみたいと思います。

 

それと生きがいになるかもしれませんし。仕事が生きがいになれば、さらにラッキーと言ったところです。

 

仕事を休んでよく眠れ、ようやくちょっとリラックスできたようです。

 

おかげで考え方もかなり前向きになれました。

 

それではまた。