50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新しい生活様式の継続期間は4年だそうです

こんにちは、まるぞーです。

 

昨日仕事に行った疲れがどっと出て、今日は寝起きから体がだるく、ずっと体調不良が続いています。また首に痛みが出てきました。頭痛もあり、辛いです。

 

また明日から4日連続勤務ですが、本当にこの先やっていけるかどうかわかりません。

 

とにかく疲れます。でもとりあえずはまだ継続していくつもりです。

 

さてコロナのことはもう書くまいと思っていたのですが、今日テレビを見ていたら、また専門家が衝撃的なことを言いました。

 

生放送で、以前同じ番組内で、来年の東京五輪の「完全な形での開催の可能性は0%」と言った人と同じ人です。

 

今日はゲストのタレントからの質問で、「新しい生活様式はいつまで続けなければならないのですか?」という問いに対して、なんと「4年間です」という答えでした。

 

スタジオの出演者全員が騒然としていましたが、生放送ですので、番組は進行に従って進められ、そのことについては以後触れませんでした。

 

アッコ仰天「ええ」 「新しい生活様式」の継続、専門家が「あと4年」

 

私は普通の人よりは慎重派で、専門家の意見を尊重し、テレビやネットで勉強した結果、自分の中ではワクチンの開発までに2年かかり、新しい生活様式も2年間だと思い込んでいました。

 

ところがその専門家によると、例え2年でワクチンができたとしても、それが行きわたるにはさらに1年以上はかかるとのことでした。

 

私は2年でも普通の人から見たら、慎重すぎると思われるのではないかと思っていましたが、私の認識はまだまだ甘かったようです。

 

そもそも専門家会議で言われたこの「新しい生活様式」という呼び方自体、なんだかおかしいし、しっくりきませんでした。どうしてコロナが収束するまでの生活とか、自粛とか言わないで、新しい生活様式などというのだろうかと違和感を持っていましたが、これでしっくりきました。

 

そして専門家はあえて期間を言いませんでした。国民の不安感情を逆なですることは言わないように釘を刺されているか、忖度しているのでしょうか。彼らもまた、政府に飼いならされた犬だと思った方がいいかもしれません。

 

確かに4年ともなれば、これはもう生活様式の変更を余儀なくされるということです。

 

そしてもしこれを本当に実行したとすれば、4年後にまた元のスタイルに戻すということは、もうできないのではないでしょうか。

 

とすれば、これからずっとということになり、つまりは新しい生活様式に変わるということなのでしょう。

 

なんだかがっくりです。

 

私は最長あと2年我慢すれば、また元の生活に戻れると思っていたのに、もう今の生活様式が死ぬまで永遠に続くのかと思うと、生きている意味さえ見いだせなくなります。

 

ただ私は国民がこの新しい生活様式を全て守ることは、到底不可能だと思います。

 

人との接触8割減も、どう考えても不可能だったように、例えば手洗いをするとか、マスクを着用するとかはできそうですが、人との距離を2m保つとか、外食事にできるだけ会話をしないで、横並びでなんて、どう考えたって無理ですよ。

 

これでは居酒屋はもちろん、接客を伴う飲食業や、風俗店、そしてジムもできるだけオンラインでと言っていますから、国民が本当にこれを守ったら、これらの業種は間違いなく潰れます。

 

でも私は数こそ少なくなることはあっても、完全にこれらの業種がなくなるとは思いません。

 

私でさえも、ジムや夜の店には行きませんが、居酒屋での一人飲みは、生きる楽しみの1つです。

 

酒好きの私としては、家飲みばかりでなくたまには、あの居酒屋の雰囲気も楽しみたいです。だってつまみが家より断然おいしいじゃないですか。

 

それとただの外食だって、カウンターで2m距離を取るなんて、混んでいる店では絶対に無理です。

 

またスポーツ観戦や、コンサートなどのイベントも、隣の観客との距離を取るとなると、2mなら2席は開ける必要があり、そうなると会場を満員にしても、観客数は3分の1となり、興業収入も3分の1になります。

 

そんなことほんとにできるでしょうか。

 

私は絶対にやらないと思います。

 

ましてや4年間なんて、考えられません。

 

これからは「ウイルスと共存して生きていく社会」だなどと言っていますが、それはつまりみんな1度は感染して、治った人だけが抗体ができて生き延びることができる、つまり人間が淘汰されるということです。

 

お年寄りや持病のある人、つまり弱者が切り捨てられるということです。

 

もう私は我慢できません。

 

本当にコロナが憎いです。そして日本政府も信用できません。なぜPCR検査が増えないのですか。いくら聞いても納得出来る回答がありません。

 

今は少し落ち着いてきましたが、今年の秋から冬にかけては、ほぼ確実に第2波がやってくるそうです。

 

私はどうしたらいいのでしょうか。

 

何とか私の両親を感染から免れるようにできないものでしょうか。

 

やはり私は仕事を辞めるべきか、それとも実家を出て自宅に一人暮らしをするか。

 

でも4年となると、例えコロナに感染しなくても、両親がそれまで生きていられるかどうかも疑問です。

 

両親が亡くなるまで、もう私は会えないのかと思うと、それも嫌です。

 

でも仕事を続けるとなると、実家で同居するのはあまりにもリスクが高すぎます。

 

本当に困りました。まだ第2波が来る秋までには時間がありますので、それまで様子を見ながら考えたいと思います。

 

本当に私の認識は甘すぎました。コロナは想像以上に怖いです。

 

これでは経済活動もさらに冷え込んで、株価も2年では戻らないでしょう。

 

経済的にも仕事を辞めると不安になってきます。まさにダブルパンチです。

 

仕事を辞めるも地獄なら続けるも地獄、どちらにせよこの先世の中真っ暗闇です。

 

それではまた。