50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

信頼できる人はめったにいません

こんにちは、まるぞーです。

本日の投資:先進国株に1万円の買い注文。 追加投資額累計:57万円

 

昨日の愛知県の、新たな新型コロナ感染者数:1名

 

今日は精神科と内科の2つの医者に行ってきました。

 

精神科では、昨日までは、何と言おうかいろいろ迷っていましたが、結局余計なことは何も言わず、ただ無難に診察を終わらせました。

 

もう精神科の医師に対しても、全く信頼感をなくしてしまいました。

 

信頼できない人に、心を開いて本音を語るのは危険なことです。

 

相手が武器を隠し持っているのに、無防備な裸で相手の胸に飛び込んでいくようなものです。

 

職場の上司も完全に信頼を失ってしまいました。

 

もうこれから本音で相談することはないでしょう。

 

結局前職でもそうでしたが、信頼できる人などめったにいないということです。

 

現在私が信頼できる人間は母親ただ1人です。

 

ですから母親がいなくなった後の私は、どうやって生きていったらいいかわかりません。

 

唯一の理解者を失ったら、私は完全な孤独です。果たして生きていけるでしょうか。

 

今までの人生を振り返って考えてみたら、2人信頼できる人が見つかりました。

 

1人は前の職場の同僚です。

 

私より1つ上の人ですが、私の唯一の見方でした。私以上に正義感の強い人で、職場の不正や悪行を許さず、孤軍奮闘して戦っていましたが、結局その人も疲れ果てたのか、総攻撃に合い、私より1年早く退職してしまいました。

 

私は唯一の味方を失い、職場では孤立し、あとはサンドバック状態になり、ただひたすら殴られ続け、精神を病み、退職に導かれました。

 

その1つ上の職場の同僚とも、退職後一切連絡は取っていません。

 

職場では唯一の信頼できる仲間でしたが、人間関係に消極的な私は、プライベートで付き合うことはなく、結局は友達にもなれず、ただの職場の同僚ということで終わってしまいました。

 

その人以外に前職の同僚で、退職後連絡を取り合っている人は誰もいません。

 

中には信頼できる(少なくとも悪人ではない、真面目で優しい)人もいましたが、それほど親しくはなく、何度も飲みに言ったりはしましたが、それも結局は仕事の延長で、完全にプライベートで会うことはありませんでした。

 

私の休職中もずっと年賀状を送ってくれていましたが、やはり退職と同時に、ぱったりと来なくなりました。以後は音信不通です。結局はそうなってしまいます。

 

もう1人の信頼できる人は、学生時代の親友です。

 

彼は今でも私が完全に信頼できる唯一の友人です。

 

ただ向こうにも家庭があり、地理的に離れていますので会うことはありませんし、やはり私の性格上、私から連絡することはありません。

 

今では年賀状をやり取りするだけのつながりになってしまいました。

 

やはり世の中には、本当に心を許せる人って、めったにいないんだと分かりました。

 

逆に、不信感の塊、つまり平気で嘘をついたり、裏切ったり、自分の私欲のために私を利用する、もしくは自分の利益のためだったら、平気で人を傷つける人のなんと多いことか。

 

少なくとも私の印象では、世の中悪人の方が圧倒的に多いです。

 

だから私は人間不信になり、怖くて誰とも付き合えないのです。

 

本当は寂しがり屋で孤独が怖く、良い人間関係を築きたいのですが、それができません。

 

仕方ありませんね。

 

一人で生きていくしかありません。

 

今日も憂鬱です。

 

仕事はいずれ辞めることになると思います。

 

ただ辞めたらもう終わりなので、もう少しだけ頑張ってみます。

 

それではまた。