50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

又吉直樹「人間」を(途中まで)読んで

こんにちは、まるぞーです。

本日の投資:先進国株に1万円の売り注文。 追加投資額累計:59万円

 

先日から、図書館で借りてきた、又吉直樹さんの「人間」をずっと読んでいるのですが、366ページもある長編の半分以上に当たる204ページまで読んだのですが、いまだにちっとも面白くありません。

 

やはり体調不良のため私に集中力がないせいか、内容も全然頭に入ってこず、いまだにこの小説が何をテーマに書かれたものかさえ、理解に苦しむ有様です。

 

そして第一、読むのが苦痛で、すぐに読むのを止めたくなってしまいます。

 

しかしよくよく考えてみると、読書というものは、楽しむためにするものであって、何も苦痛を我慢してまで読み終えなければならない理由はどこにもありません。

 

そこで私は、今回この「人間」を読破することを断念しました。

 

半分読んだだけでこの本を批判するのはよくないと思いますので、これ以上内容についての批評はしませんが、とにかくこんなに読んでいてつまらなく辛い小説は、今までに読んだ中でも、5本の指に入るのではないかと思います。

 

又吉直樹さんは、「火花」が良かっただけに、この小説も期待していましたが、全く期待外れでした。

 

芥川賞も取った作家なのに、この「人間」にはがっかりさせられました。

 

ということで、たいていの場合は多少つまらなくても、途中で止めてしまうのはなんとなく後味が悪いので最後まで読むのですが、この小説は200ページが限界でした。

 

体調の悪さもあって、これでちょっと読書が嫌いになりそうです。

 

今週は図書館が蔵書整理のため?、ずっと休館ですので、来週になったらこの「人間」を返却します。

 

しばらくは何も借りるつもりはありませんが、今度図書館へ行ったら、ウォーレン・バフェットの本でも読んでみようと思います。

 

下手な小説を読むより、よほどためになることが書いてあるかもしれません。

 

とにかくこの「人間」は、私の場合、図書館で借りたため無料だからいいものの、定価1400円(税別)を払って購入していたら、相当に後悔したことでしょう。

 

「金返せ!」と言いたくなります。

 

私はこの本を一切誰にもお勧めしません。

 

逆にもしこの「人間」を読んで、良かったという人がいたら、ぜひ何がよかったかを教えてほしいものです。

 

人によってとらえ方や感じ方は様々ですからね。

 

もしそういう人がいるのなら、やはり私の読解力がなさすぎるのだということがわかりますので、又吉直樹先生も名誉回復となります。

 

その時は私も、又吉直樹さんに無礼を詫びるとともに、頑張ってもう一度読み直してみたいと思います。

 

結局「人間」で、一記事を書いてしまいました。

 

それではまた。