50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

泌尿器科に行って来ましたが症状はよくなりません

こんにちは、まるぞーです。

本日の投資:先進国株に1万円の売り注文。 追加投資額累計:58万円

昨晩のNYダウは、なんと807ドルの下げ、ナスダックに至っては、598ポイント(4.96%)と、見たこともないような大きな下げでした。

 

さすがにおったまげました。前日に大きく上昇して、ダウは29,000ドル台を回復し、ナスダックとS&P500は連日で史上最高値を更新し、いったいどこまでアメリカ株は上昇するのだろうと思っていた矢先でした。

 

あまりに大きく下げたので、さすがに今日は先進国株の「売り」はやめようかと迷いましたが、俯瞰してみれば、まだまだ高い水準にあり、たった1日大きく下げたからと言って、トレンドが変わったわけでもありません。

 

やはりここはまだまだ1日1万円の売りで、リバランスが正しい投資行動だと判断して、今日も売り注文を出しました。

 

さて、今日は精神科へ通院してきました。

 

家から徒歩で30分ほど歩いていくのですが、途中からものすごい雷雨に見舞われ、折りたたみ傘は持っていましたが、全身ずぶぬれになってしまいました。

 

精神科は本当はどうでもよく、今は前立腺の症状がちっともよくならず、今朝も余計に調子が悪く、気分がどん底のところへ大雨にお見舞いされたら、なんだか悲しくて泣けてきそうになりました。

 

一体なんで私はこんなつらい思いをしなければならないんだろう。

 

こんな思いをして医者に通うだけの人生って何なんだと、イライラしてきて何かに当たりたい気分でした。

 

前立腺の症状は、本当に全く良くなりません。

 

むしろひどくなっています。

 

昨日は泌尿器科へ行って来ました。

 

薬を替えてもらってもよくならないと言ったら、同じ薬を増量されました。

 

それで2週間様子を見て、それでもよくならなかったら、内視鏡で膀胱を見ると言われました。

 

内視鏡検査は、てっきり大きな病院でやるものと思っていましたが、そのかかりつけの開業医でできるそうです。

 

まあ大きな病院で面倒な手続きを踏んだり待たされるのは、とてもストレスになるので、そこの医院でやってもらえるならその方がいいですが、泌尿器の内視鏡検査ですよ。

 

あそこから、ぶっとい内視鏡を、尿道を通して膀胱まで入れられるんです。

 

想像するだけでビビります。

 

たぶん男の人なら誰だって想像しただけで嫌ですよね。

 

ネットで調べてみたら、先っちょに麻酔のついたゼリーをちょっと塗るだけで、ちゃんとした麻酔はないそうです。

 

入れる時に多少の痛みはあり、どうしても尿道が傷つくので、少し出血する場合もあると書かれていました。

 

こんなの読んだら余計に怖くてできません。

 

でもやるしかないんでしょうね。

 

だって今のままの症状が続いたら、辛くて仕方がありません。

 

仕事だってできないし、遊びにも行けません。

 

まだ50代ですよ。オムツも嫌だし、1日中前立腺の症状が気になって、トイレに行きっぱなしという生活ももう嫌です。

 

ネットで調べましたが、診断および治療の方向性としては間違っていないようです。

 

今飲んでいる薬(アルファ遮断薬とPDE5阻害薬)でいいはずですし、薬で効果がなかったら、後は手術しかないのです。

 

辛いですが、ずっとこの症状を我慢するのも、もっとつらいです。

 

検査は一時です。まさか死ぬわけではないし、麻酔なしでやるということは、普通の人間なら我慢できる痛さだということでしょう。

 

私は普通でない臆病者ですが、やるしかありません。

 

そして治るのであれば、どんな治療法だろうと受けるしかありません。

 

本当に憂鬱ですが、今は薬で治りますようにと、神に祈ります。

 

前立腺の症状並びに治療法について、興味のある方は、こちらを参照ください。

 

tokusengai.com

 

www.takahashi-clinic.sms.gr.jp

 

それではまた。