50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホリエモン、餃子店事件ついて

こんにちは、まるぞーです。

本日の投資:新興国株に1万円の買い注文。 追加投資額累計:61万円

 

テレビのワイドショー「スッキリ」を見ていたら、いやなニュースが流れました。

 

あの堀江貴文さんが、餃子店でマスクのことで口論ななり、それがSNS上で発展し、不特定多数の見知らぬ輩から、店がいやがらせに合い、休業に追い込まれているというニュースです。

 

ネットでもいっぱい記事が出ています。

 

lite-ra.com

 

www.msn.com

テレビで見た限りで言うと、堀江さんは3人でその餃子店を訪れ、そのうちの1人がマスクをしていなかったため、「マスク着用していない方の入店お断り」という但し書きを表に掲げている店が、その人に注意したところ、堀江さんらは、「食べるとき以外はずっとマスクをしていないといけないのか」などと逆に質問し、素直に従わなかったそうです。

 

その時の態度が、堀江さんによると、店の店主が横柄で高圧的な態度だったと言い、店主によると、堀江さんらが横柄で高圧的な態度だったため、入店を断ったとしています。

 

どちらの態度が悪かったかは水掛け論になっています。

 

私の予想では、おそらく店主の態度も半分キレ気味だったと思いますが、その原因は堀江さんらが素直に従わずに、難癖をつけてきたからで、おそらくは堀江さんらの態度も良くなかっただろうと推測します。

 

そしてそれをネットに書き込み、「尾道の、数字で始まる名前の店」などとしたため、数字で始まる餃子店は尾道に1件しかなく、すぐに店が特定されたということです。

 

それに反応した堀江さんのファン?らが、とんでもない店だなどと、悪口を書いたり、無言電話や脅迫めいた嫌がらせをし、店の店主の妻が体調を壊し、休業を余儀なくされたということです。

 

私は圧倒的に堀江さんが悪いと思います。

 

もちろん嫌がらせをする第3者が一番悪いのは言うまでもありませんが、そもそもこのコロナ禍で、店側は徹底的な対策を要求されていますから、「マスクしていない人の入店お断り」は当たり前の話です。

 

そして堀江さん一行の中の1人がマスクをしていなかったのですから、その人が入店を断られるのは当たり前の話で、それをつべこべ言って抵抗するなど言語道断、犯罪ではないかもしれませんが、完全なモラル違反です。

 

それをまたSNSで、店側の対応が悪いなどと、店が特定できるように店名を暗に示したうえで、悪口を書くなどこれまた言語道断です。

 

私はもともとホリエモンが嫌いで、どうしていまだにあの人のファンだか信者だか知りませんが、支持する人がいて、本が売れてテレビに出まくっているか、訳が分かりません。

 

テレビであの人の顔を見ると不快になり、発言を聞いていると、腹が立ってきます。

 

元犯罪者ですよ。

 

別に犯罪者だからと言って差別するつもりはありません。たとえ犯罪を犯しても、反省し更生して、罪を償ってきたなら、一社会人として認めます。

 

でもあの人の態度を見ていると、およそ反省しているようには見えないんですよね。

 

すべて自己肯定で、人を馬鹿にしたような態度や発言が目立ちます。

 

今回の件でも、全く反省を見せないホリエモンの態度はこうです。

 

www.msn.com

 

だいたい私はホリエモンには恨みがあります。

 

ライブドアショックの時、私はライブドア株を結構持っていて、あの人の粉飾決算により、私は80万円以上の損失を被ったのです。

 

まだ株を始めて間もないころで、総投資額も少なかったので、当時の私にとって、80万円はとても大きな金額でした。

 

そのショックたるや想像以上で、精神的にも相当な打撃を受けました。

 

当然泣き寝入りです。

 

ですから今でもあの人の顔を見ると、私は、「80万円返せ」と心の中で叫びたくなります。

 

とにかく私はホリエモンが嫌いです。

 

まあ実生活で関わることはありませんからいいですが、世の中には似たような性格の人がいます。

 

ホリエモンのような思考や態度をとる人はいるわけで、やっぱりそういう人とは出来るだけ関わりたくないと思います。

 

 

それから、よくよく考えてみると、私もブログで人の悪口や、飲食店でも店名をあげておいて、まずかったなどと平気で書いていますから、ちょっと反省し、気をつけなければいけません。

 

この記事だって万が一ホリエモンに見られたら、名誉棄損で訴えられるかもしれません。

 

こう考えると、私は有名人でなくてつくづく良かったと思います。

 

売れている芸能人など、羨ましくて、今までは嫉妬しかありませんでしたが、よく考えてみると有名だと常にプライバシーが脅かされ、緊張状態で生活しなければなりません。

 

やっぱり一般人がいいですよ。

 

無名の無職が一番気楽でいいです。

 

これこそまさに真の自由です。

 

あ~、私も仕事を始めることで、1つ自由を手放すんだなあと思うと、ちょっと悲しくなります。

 

やっぱり無職はよかったなあ。

 

いつもないものねだりです。

 

それではまた。