50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

歯医者と老化による体の不調

こんにちは、まるぞーです。

 

前立腺が大きいと言われてから、ずっと憂鬱な気持ちが続いています。

 

何かどんよりとした感じで、何もする気にならない、何も楽しいと感じない、食事がちっともおいしくない、食欲がわかないなどです。

 

これは私の経験上、うつ病の症状だと思われますので、あ~、やっぱりまたうつか、という気持ちで、ため息が出ます。

 

でもうつ状態は、原因が解決しない事には、何をしてもなかなか良くならないことも経験済みです。

 

今はじっと耐えるしかありません。

 

そんな中、今度は歯医者へ行って来ました。

 

8か月ぶりの受診でしたが、別に虫歯があるとか歯が痛いというのではなく、ただの定期検診です。

 

今回も(未治療の)虫歯はなく、それはよかったのですが、たったの8か月の間に、歯周病がかなり進行していました。

 

前から歯周病の気はあると言われていたのですが、この8か月でかなり急激に悪化したようで、今回は治療が必要と言われました。

 

まさに泣きっ面に蜂です。

 

次回から4回くらいにわたり、歯周病の治療(歯茎の奥の隙間を掃除する)をしなければいけなくなりました。

 

私は歯は良くて、この20年、歯医者にも行っておらず、それでも虫歯はないので安心していました。

 

ところが歯が痛くなったので、20年ぶりに歯医者に行ってみたら、始めは特に治療は必要ないと言われ喜んだのに、その後8か月でこんなことになってしまいました。

 

原因は何なんでしょうか。年齢的に誰でもこれくらいは悪くなるものなのでしょうか。

 

歯だけでなく、前立腺肥大に頚椎症と、このところ老化からくる体の不調が急に目立ち始めました。

 

今までは気づいてなかっただけで、徐々に進行していたとも考えられますが、前立腺の大きさにしろ、病気に気づいたのはかなり前のものも、最近急に進行して悪化しているような気がします。

 

老化が原因とされていますが、私が思うに、ストレスによってその老化が急激に進んでしまったためではないでしょうか。

 

浦島太郎のように、今私の体はすごいスピードで衰えているように感じます。

 

例えば脳の老化もそうです。

 

若年認知症ではないかと思うような、記憶力の衰えを感じています。

 

これは向精神薬の飲みすぎが原因ではないかとも思いますが、実際のところはわかりません。

 

身体的なことで言えば、髪の毛です。

 

最近急に白髪が目立つようになり、どんどん髪が白くなってきました。

 

それだけでなく、コロナ禍で自分で髪を切った時に分かったのですが、同時に髪が薄くなっているのです。

 

鏡で横と後ろ、頭頂などを見て気が付いたのですが、右の横から後ろにかけて、特に薄い部分があり、地肌が透けて見えて、まだらに禿げかかっているのです。

 

これを見たときにはさすがに悲しくて泣きそうになりました。

 

これももしかしたらストレスからくる禿げでしょうか。

 

本当にセミリタイアしてから、ストレスが先か病気が先かは、鶏と卵の関係のようで分かりませんが、とにかく体の老化をひしひしと感じるようになりました。

 

それがただの老化で、衰えただけならいいのですが、このように色々な病気となって現れているのですから、精神的にも本当に参ります。

 

歳はとりたくないものです。ただ歳をとるのは誰でも同じなので仕方ありませんが、それに合わせて体に不調が出てくるのはつらいです。

 

だって54歳なんて、まだまだ若いでしょう。元気な人の方が多いはずです。

 

私は実年齢以上の老化を感じています。この5年くらいで20年分の歳を取ったような感じです。

 

体感年齢は70代でしょうか。

 

とにかく病気は嫌です。健康に戻りたいです。それは無理だとするなら、せめてもうこれ以上悪化しないでほしいです。

 

今親の介護を心配していますが、私の面倒は誰が見てくれるのでしょうか。

 

親の事より自分の老後が心配です。独身の独り身の人って、みんな老後はどうするんでしょうかねえ。

 

セミリタイアブログを見ても、みんな私より若いか、同年代の人でも健康面ではまだ元気な人が多いようなので羨ましいです。

 

やっぱり健康が一番ですよ。

 

そして老後は誰にもやってきます。どうやって対処したらよいか、考えても答えが見つかりません。

 

やっぱり憂鬱です。

 

それではまた。