50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワクチン開発で世界同時株高です

こんにちは、まるぞーです。

 

コロナのワクチン開発でよいニュースが流れたら、株価が爆上げしました。

 

これは世界的なことで、ヨーロッパ株が軒並み高く、続いてNY市場もナスダックを除いて大幅高、そして日本、中国とまさに世界同時株高となりました。

 

news.yahoo.co.jp

米製薬会社のファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンが臨床試験で9割以上に予防効果がみられた

 

 とのことですが、この記事にもあるように、東京都医師会の尾崎会長は、

欧米人に打って安全性に問題ないと言われているが、どの程度の副反応が出ているのかもはっきりしない」と指摘。「9割にどういう効果があったのかも分からないうちから『これは素晴らしい、ぜひ打ちたい』とは早計に言う話ではないのではないか」と述べた。

と冷静に受け止め、また、

今回のワクチンは「マイナス80度」の環境が必要だとして、「このレベルになると輸送体制とか、しっかりした冷凍庫がないとできない。今までのように、かかりつけ医を中心にワクチンを打っていくということは、おそらく不可能に近いんだろう。そういうことを考えると、まだまだハードルは高い」とした。

 

とのことです。

 

日本は慎重に過ぎるのか、また他国でできたワクチンなので、ちょっと嫉妬があるのかわかりませんが、世界のまるでこれでコロナがすべて解決したかのような楽観的なとらえ方と、熱狂ぶりには、ちょっと待てよと言いたくなります。

 

特にマーケットの過熱ぶりは、私には過剰反応に過ぎるとしか思えません。

 

だってよく考えてみてください。

 

アメリカ、ヨーロッパでは、今コロナの新規感染者は過去最高レベルにあり、経済も悪化の一途をたどっているではありませんか。

 

株価は将来を見据えて値段が決まると言ったって、経済がコロナ前の状態に完全に戻るにはまだかなりの時間を要するでしょうし、株価はそれを織り込んで、すでにかなりの水準まで戻していました。

 

それがワクチン開発のニュースで、コロナ前の水準どころか、NYダウ、S&P500に至っては史上最高値を更新するなんて、 実体経済とかけ離れているのにもほどがあると言った感じです。

 

日本株でさえも29年ぶりの高値で、25000円台をつけましたが、29年前というと、私は25歳で、まだ新卒で働き始めて2年、貯金も0だし、もらった給料は全部使っていました。

 

もちろん投資のとの字も知りませんでしたし、考えてもいませんでした。

 

父は当時から株をやっていたのは知っていますが、父は株の話は誰にも一切言わず、一人でこっそりやっていましたから、バブル崩壊でどれほどの痛手を被ったかも、私は知る由もありません。

 

とにかくそんな時代以来、日本株はずっと低迷してきたということで、それがここへ来て25000円台に乗せて来るとは、いくら日本株が出遅れていたとはいえ、やはりコロナの影響による現在の経済の状況を鑑みると、上げすぎだと思います。

 

こういう過熱感の出ている時は、売って一部利益を確定するのが賢明だと思われますが(実際私は今がピークで、この後一旦調整すると見ています)、長期で見れば、また上昇に転じ、いつかはワクチンも完成し、コロナは収束すると思いますので、株価はまた今の水準を超えて上がっていくものと思います。

 

ですから今はあえて売らずに、リバランスしながら、少しずつ買い増ししていきます。

 

前にも書いたように、私は一大決心をし、持ち高を増やしてもっとリスクを取ってやろうと決めました。

 

かなり危険なことかもしれませんが、イチかバチかの賭けに出たのです。

 

ですから本来なら今は売りのはずですが、私は買いで行きます。

 

ついでに私の投資方針ですが、ブログを読み返してみたら、単なるインデックス投資としか言っていないようなので、ここでちょっと訂正させてもらいます。

 

確かにインデックス投資なのは間違いありませんが、それだけだと説明が不十分です。

 

より正確に言うと、インデックスの長期保有です。

 

いわゆるほったらかし投資というやつです。

 

つまり、長期、分散型の投資信託による投資というのが正しい所でした。

 

分散というのは世界の株式に分散して投資という意味ですが、もう1つ時間の分散というのも少し取り入れています。

 

それが今やっている、積み立てということです。

 

毎営業日ごとに一定額を買い増ししていくというのがそれです。

 

いわゆるドルコスト平均法というやつですね。

 

ただしこれは、山崎元さんは推奨していないので、私もずっとやり続けるつもりはありません。

 

始めは私も一括投資が怖いので、恐る恐る積み立てで買っていきましたが、やはりこれは投資機会の損失だと実感し、ある時に残りの資金を一気に投入しました。

 

そして今、また持ち高を増やそうとしているのですが、やはり今資金を一気に投入すると、高値掴みになってしまいそうで怖いので、また積み立てで持ち高を増やしていこうとしているところです。

 

とにかく投資は自己責任ですから、私も腹を決めて自己責任でリスクを取っていこうと思います。

 

今は株価が上がっているので、もっとどんどん投資したくなってしまいますが、そこは私もそれなりに経験を積んできましたので、ちゃんと暴落時も想定しながら、それに耐えられるだけの準備はしていくつもりです。

 

とにかく今は調子がいいので、ポートフォリオを見るのが楽しくてたまりません。

 

次回の資産公開が楽しみです。

 

それではまた。