50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他人の出てこない夢を見る人っているんでしょうか

こんにちは、まるぞーです。

 

仕事を辞めてから、やはり時間を持て余しています。

 

今日も何もする気になれないので、先ほどまで昼寝をしていました。

 

毎日夜眠りが浅く、十分な睡眠が取れていないので、昼間眠たいのですが、だからと言ってベッドに入ってもやはりちょっとうとうとする程度で、まともには眠れません。

 

そしてやはり夢を見ます。

 

夜も何度も目が覚めるのですが、必ず夢を見ています。おそらく眠りが浅い証拠だと思うのですが、もうずっと夢を見ていなかったという記憶がなく、夢は寝ると必ず見るものとなっています。

 

しかも目が覚めたときに、見ていた夢をはっきりと覚えています。

 

今まで夢と言えば9割方が仕事の夢、それも辞めた正社員の仕事場がほとんどでしたが、最近はさすがにいろんな場面の夢を見るようになりました。

 

それでもやはり多いのは正社員の仕事場、次に多いのがなぜか大学時代です。

 

登場人物も職場の同僚に大学時代の友達、後は両親や妹などの肉親が入り混じって出てきます。

 

しかし私は一つ不思議に思うことがあります。

 

夢っていつも他人が出てきて、自分一人で何かをしている夢ってまず見ないんですが、これって私だけでしょうか。

 

セミリタイアして1日中誰とも会わず、1人で過ごしていることが多いのに、それでも夢の中では、過去に付き合いのあったいろんな人が出てきて、その人たちと会話をしています。

 

よく考えたらちょっと不思議じゃないですか。

 

そし昨夜の夢ですが、内容は今は忘れてしまいましたが、見ず知らずの人が何人か出てきました。

 

見ず知らずの人というのは、実生活でもよく会うような、例えばコンビニの店員とか、ファミレスの店員とかいった人たちですが、夢の中でもそういう知り合いではない人と接する場面で、そういう知らない人と何か会話をしていました。

 

誰とも会わず、会話をしないで一人で考え事をしている夢って見ないものでしょうか。

 

そうするとこの先年老いていくと、ますます昔の記憶に頼って、古い知人ばかりが夢に出てくるのでしょうか。

 

今でも元職場の同僚や、大学の同級生は年を取っておらず、当時のままです。

 

それはそのはず、だってもうずっと会っていないのですから、当時のままの記憶しか私にはありません。

 

母親や妹も若い時の姿で出てくるときがよくあります。

 

だとしたら私自身はどうでしょう。

 

私も年を取っていない当時の若さで出て来るのか、それとも私だけが今の姿なのでしょうか。

 

今度夢を見たら、その辺のところを意識して確かめてみようと思います。

 

だって目が覚めたときには、はっきりと夢を覚えていますから、考えたらわかるはずです。

 

さて、毎日暇があるので、ブログの更新も毎日できるようになりましたが、毎日となるとやはりネタ切れです。

 

そもそも毎日これといって何もしていないのですから、ブログに書くようなことも特にありません。

 

他のセミリタイアブロガーさんは、よく毎日ブログに書くことがあるなあと感心します。

 

それでもまだセミリタイアブロガーなら、日記でも書けば事足りるでしょうが、もっと困るのはインデックス投資ブロガーではないでしょうか。

 

個別株投資なら、その日の取引を書けばいいでしょうが、インデックス投資ブロガーで毎日更新してる人って、いったい何を書いているのでしょうか。

 

もちろんブブログを訪問して読めばわかることですが、私もインデックス投資家のブログは読みたいとも思いませんので、やはりセミリタイアブログの方が断然興味があります。

 

そして最近ではそれにも増して、闘病ブログを読んだりします。

 

やはり自分と重ね合わせて、共通するものがないと共感できないのでしょうか。

 

しかし闘病ブログはあまり読むと、余計に病気が気になって心配が増してしまいますので、あえて読まないようにしています。

 

前立腺の症状はひどい時に比べればかなりマシですが、相変わらず続いています。

 

私の愛読するセミリタイアブロガーさんも言っていましたが、セミリタイアの敵は健康ですよ。

 

歳をとればとるほどなおさらです。

 

健康、お金、家族、友人、人生で大切なものって色々ありますが、どれが一番って順番をつけられるものではないとは思いますが、それでもあえてつけると、やはり健康が一番です。

 

前にも書いたようにアントニオ猪木さんのフレーズ「元気があれば何でもできる」はまさに真理でして、健康なら働けばお金を稼ぐことができますが、病気では本当に何もできません。

 

ただ全く悪いところがないという人も世の中にはいないでしょうし、老化も含めてどこまでが健康でどこからが不健康かというのも線引きが難しいとは思います。

 

でも私はどう考えたって不健康です。

 

やっぱり健康が一番、私も健康になりたいです。

 

健康なセミリタイア、それが一番幸せだと思います。

 

さていよいよ明日は仕事の面接です。

 

うまくいくでしょうか。

 

また報告しますね。

 

それではまた。