50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

別の整形外科へ行けと言われました

こんにちは、まるぞーです。

 

今日は仕事でした。

 

相変わらず頚椎症の症状が酷く、首の痛みに肩こり、腕の痛みと手のしびれに耐えながら、仕事に行ってきました。

 

昨日精神科へ通院した際に、頚椎症の症状が辛いと言ってみましたが、またいつものように、すぐにセカンドオピニオンがどうのこうのと言い出しました。

 

この精神科医は、私が体の不調を訴えると、すぐにセカンドオピニオンと言いだし、別の医者に行ってみろと言うのです。

 

頚椎症については私はちゃんとネットや本で調べていて、今通っている整形外科の医者が言う通り、まだ手術の段階ではないし、他に治療法はないので、我慢するしかないというのはわかりきっているのに、この精神科医は何もわかっていないくせに、やれリハビリがどうだの、治療法はないのかなどと、勝手なことを言い、(向こうは親切のつもりで言っているのかもしれませんが、)おせっかいにも他の医者に行けとかいうんです。

 

別に私は頚椎症についてアドバイスが欲しくて、この医者に訴えているわけではありません。

 

ただ今週はどうでしたかと聞かれるので、私がいま直面していることや、心身の状態を報告しているにすぎません。

 

前立腺の病気と頚椎症は、ちゃんと専門医に診てもらっているので、余計なおせっかいは要りません。

 

それより専門の精神について、ちゃんと相談に乗ってもらいたいです。

 

とにかくこの医者には何も期待していません。

 

だったら私も頚椎症のことなど言わずに、調子はいいですと言っておけばいいのでしょうか。

 

きっとそうでしょう。これからはそうします。

 

さてそうは言ったものの、人から何か言われると、気になってなかなか無視することができない私は、やはり別の整形外科へ行ってみようかという気になり、ネットで近くの整形外科を探してみました。

 

どこがいいのかなかなか判断がつきかねますが、とにかく一番良さそうなところへ行ってみようかと思います。

 

また一から症状を説明して、レントゲンにMRIと、検査が面倒ですが、仕方ありません。

 

ほんとに病院通いが仕事のようで嫌になります。

 

でも仕事は辞められても、医者通いは辞められませんから仕方がありません。

 

それを考えたらまた憂鬱になってしまいました。

 

急に暑くなり、体もバテ気味で、とにかく首の症状が辛いので、気分もすぐれません。

 

それでも仕事に行けば、頑張ってやるしかないので、むしろ家にいるよりも仕事に行っていた方が気がまぎれていいです。

 

何なんでしょうかねえ、私の人生は。

 

せっかくセミリタイアして、自由な時間があるというのに、ちっとも楽しめません。

 

これが私の運命なんでしょうかねえ。

 

それではまた。