50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ディープラスは完全な誇大広告でした

こんにちは、まるぞーです。

 

先日、カーリースのディープラスへ行ってきました。

 

私の愛車は、依然として冷却液が減り続けていて、これはやはり故障に違いないと思います。

 

こうなるとやはり買い替えしかありません。そしてもう中古車は懲り懲りなので、ついに新車を買うことになりそうです。

 

すでにダイハツショールームへ行き、見積もりをもらっていますが、カーリースという手もあるので、一度話を聞いてみようと思い、CMもやっている大手のディープラスへ行ってきました。

 

広告では、月々5000円で新車に乗れて、しかもメンテナンスも無料で付いている、税金、保険もコミコミと謳っていますが、果たして本当にそうなのかどうか確認するために、行って話を聞いてみました。

 

支払いに関しては、すでにホームページで確認済みで、毎月の支払い5000円の他に、ボーナス月、66000円というのは知っていましたが、話を聞けば聞くほど、私の思っていたのとは違い、全然お得でないという結論に達しました。

 

詳しくはこれから書きますが、はっきり言ってこれでは完全な誇大広告です。

 

まずは保険ですが、保険は自賠責のみで、任意保険は自分で払わなければいけません。

 

ここまではホームページにもそう書いてあったのでわかっていました。税金も記載のとおり、軽自動車税が払わなくても良いです。

 

ただしメンテナンスについては、車検、オイル交換は無料だそうですが、何と無料なのはそれだけで、つまりそれ以外の消耗品の交換や、修理はもちろん、オイル交換に至っては、無料になるのはオイルのみで、エレメント交換は、自己負担だそうです。

 

普通オイル交換無料って言われたら、当然エレメントも含まれると思うじゃないですか。

 

これじゃあまるで詐欺です。

 

そして車検についても同様で、車検の基本料が無料になるだけで、交換の必要な部品や工賃などはすべて自己負担だそうです。

 

そしてリース期間は7年ですので、3回目の車検の前に車を返すということで、受けられる車検は3年目と5年目の2回のみです。

 

つまり車検費用約5万円x2回で10万円と、6か月ごとのオイル交換約1500円x14回で21000円を合わせた121000円がついてくるだけというものでした。

 

これでは私のストレスの元である、故障の不安というものは全く解消されません。

 

そして最も驚いたのは、リースと謳っていますが、7年以内に解約した場合はどうなるかという疑問ですが、なんと実は新車代金にメンテナンス代を加えたものから、7年後に返す車の査定額を引いた額でローンが組まれ、途中で解約はできず、残りの支払いはしなければいけないということでした。

 

途中で乗るのを辞めたくなったら、その車を買い取って、そして自分名義に変更してから売るということだそうです。

 

つまりこれはリースと言っていますが、実際には7円後に車を返す約束をして、その下取り額をあらかじめ引いた額で、7年ローンで新車を買うのと同じことです。

 

話を聞いて、内容は理解できましたが、これはリースというイメージとは程遠く、CMやチラシ、そしてホームページまでもが、完全な誇大広告だと思いました。

 

私はリースなので完全に車を借りて乗るというイメージでしたが、実際は自分の車と同じです。

 

私の場合、ナビとドライブレコーダーをつけようと思っていますが、それらのオプションは、純正のものなら自由に選ぶことができますが、料金はすべて支払い総額に加算され、それを7年ローンで割るという考え方です。

 

ですから、ナビに限らず、車のグレードや色やオプションなども、新車を買うのと全く同じで、自由に選べますが、代金はすべて月賦に上乗せされていきます。

 

ナビなどは純正をつけずに、カー用品店で社外品を取り付けることもできますが、それも自分で購入したのと全く同じですから、7年後につけたまま返してもいいし、欲しければ取り外して返してもいいのです。

 

さらに7年後には、車を買い取ることもできますが、その時の値段はあらかじめ決まっていて、7年後には車を買い取るか、返すか、もしくはその車にさらに乗り続けてリースを続けるかの3つのいずれかを選ぶことができます。

 

いずれを選んでも要は同じことで、7年後の車の査定額をあらかじめ引いた金額で総額を出して、それを7年ローンで支払うのですから、つまりは新車を7年ローンで買うということです。

 

具体的に私の場合で見積もってもらった金額を言いますと、車はダイハツのムーヴ、ナビ、ドラレコをつけて、見積もり総額が約180万円でした。

 

一方、ディーラーで見積もってもらった新車価格は同じ条件で、約150万円でした。

 

7年後の査定価格、つまりは買い取るときの価格は、28万円だそうですから、新車価格から28万円を引くと、約120万円となり、これに保険、税金と、2回の車検代、オイル交換代を足したものが、180万円になるということです。

 

維持費、メンテナンス費用は、車検、オイル交換の約12万円に加えて、税金が年間7000円x7年で約5万円、自賠責が1万円x7年で、約7万円、すべて合わせて約24万円です。

 

120万円に24万円を足しても144万円ですから、180万には36万円足りません。

 

つまりはこの36万円の差が、新車を一括払いで買った場合と7年ローンで買った場合の差になるのだと思います。

 

新車購入を7年ローンで算出してみれば、両者を正確に比較できるはずです。

 

面倒くさいので正確な数字は計算しませんが、この概算を見ても分かるように、リースの方がお得だとは決して言えません。むしろ高くつくのではないかと私は思います。

 

この結果、当然のことながら、私の中からリースという選択肢は消えました。

 

担当してくれた営業マンに、ぶっちゃけリースのメリットは何ですかと聞いたところ、一度に大金を用意しなくてもすぐに新車に乗れることだと言われました。

 

私が、「それならローンで新車を買うのと同じことですよね」と言ったら、「正直その通りです」と言われました。

 

一括で現金で払えるのなら、支払総額ではそれが一番安いと言われました。

 

全くの誇大広告でしたね。

 

やっぱり新車を買うしかありませんね。

 

しかし、最初は毎月5000円、ボーナス払いを入れても年間20万円で新車に乗れて、さらに維持費もかからないと期待しましたが、そんなおいしい話はありませんでした。

 

しかし、詐欺まがいの誇大広告は何とかしてほしいものです。

 

最初期待させておいて後でがっかりさせられます。

 

中には期待外れでも、もう面倒くさくなってそのまま契約してしまう人もいるんでしょうね。

 

きっとそれが狙いなんでしょう。

 

私はそうはいきませんよ。

 

もう一度正規ディーラーに行き、しっかり値引き交渉をしたいと思います。

 

それではまた。