50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

尿道の内視鏡検査を勧められました

こんにちは、まるぞーです。

 

また新たな悩みができてしまいました。

 

昨日、毎月の定期通院で泌尿器科に行った時のことです。

 

この所調子が良かったので、私はただ薬をもらうだけのつもりでしたが、先生が「まだおしっこが2股に分かれる?」と聞くので、「はいそうです。」と答えましたところ、「尿道が狭くなっているところがあるかもしれないので、嫌でなかったら内視鏡検査をしましょうか。」と言われました。

 

私は青天の霹靂で、予想だにしていなかった問いかけでしたので、とっさに決めることができず、とりあえず内視鏡検査はこわいので、嫌ですと言ったら、先生はちょっとむっとして、「それならこのままですよ。」と言って、いつもの薬だけ処方されました。

 

私はもっとどういう病気が疑われて、内視鏡検査で何がわかるのか、また検査はいつどのようにやるのかなど、もっと詳しい説明を聞き、それから相談したかったのに、先生の態度ではこちらから何も聞けません。

 

でも考えてみたらおかしな話です。こちらの過去記事を読んでみてください。

 

maruzokun.hatenadiary.jp

 

つい2か月前の診察で、尿線分裂について相談した時、先生はこれはどうしようもないし、手術でも治らないって言ったじゃありませんか。

 

その同じ先生が、2か月後に全然違うことを言うのですから、これでは信頼関係がズタズタです。

 

医者に限らず、私は言うことが変わる人間が大嫌いです。ましてや医者のような責任ある立場の人なら、もっと自分の発言に責任を持ってもらいたいものです。

 

まるで病気ではないかのような言い方をされたので、私も相変わらず症状はあるものの、これは放っておいていいんだと思い、安心していました。

 

そうしたら今度は急に内視鏡検査だと言うじゃないですか。

 

いったい内視鏡検査で何がわかるのでしょうか。もし尿道に狭くなっているところがあったとして、それが原因で2股に分かれるのだったら、治療は切除手術でしょうか。

 

本当に悪い病気で放っておいたらどんどん悪化するものなら、手術もやむを得ないでしょうが、詳しい説明もないまま、ただ苦痛な内視鏡検査を受けるのは嫌です。

 

今も毎回のように尿線が分裂しますが、トイレを汚してしまう以外には特に痛みがあるわけでもなく、さほど困ってはいません。

 

万が一尿道に腫瘍があるとして、もしそれが悪性なら大変なことですが、もうかなり前から症状があり、尿に血液が混じるということもありませんから、まず悪性ではないと思います。

 

だとしたら良性のものでも切除しないといけないものでしょうか。

 

またネットで調べてみると、尿線分裂には様々な原因があり、もちろん健康な人にはなく、何らかの原因があるのですが、尿道の病気以外でも、前立腺肥大や、それこそ高橋先生の言う膀胱頸部の肥厚でもなる症状だと言います。

 

とにかく私は尿道内視鏡検査などやりたくないので、このまま様子を見ることにしました。

 

それでも先生にそんなことを言われたので、昨日はそれを聞いてから気分がすごく落ち込んで、そのあともずっと悩み続けるようになってしまいました。

 

昨晩はそのことが気になって、夜も目が覚めてからなかなか寝付けず、ずっとそのことで悩んでいました。

 

今朝起きてからは、また前立腺の不調です。トイレにひっきりなしに行きたくなる、例の慢性前立腺炎の症状が再発しました。

 

明らかに心因性のもの、ストレスが原因の症状です。

 

こんな状態でも今日は仕事でした。休むわけにはいきません。

 

もう泣きっ面に蜂です。

 

嫌で嫌でたまりませんでしたが、なんとか無事に勤めて、今日は運よくあまり怒られることもなく、仕事を終えて帰ってきました。

 

どうして次から次へと悩みが襲ってくるのでしょうか。

 

これじゃあまたうつ病です。

 

本当に憂鬱です。

 

いつも愚痴ばかりですみません。

 

でも私の頭の中はこの事でいっぱいで、それ以外のことは考えることができません。

 

そういえば株価がまた下落しましたね。ちょっと雲行きが怪しくなってきました。今度こそ調整するかもしれません。

 

これだけ上げたんですからいつ調整してもおかしくありませんが、これも同じことをずっと言ってきましたね。

 

それでもまだ株価は最高値水準です。

 

今はネガティブになっているので、何でもマイナス思考で考えてしまいます。

 

それではまた。