50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルチャに参加してみました

こんにちは、まるぞーです。

 

先日の記事、テニスサークルを探しています - 50代セミリタイアで投資生活2

で書いたように、私は現在、テニスをやったり交流できる友達を探しています。

 

ですから別にテニスでなくても、同世代の人と交流ができ、友達が作れるような環境があれば、喜んで参加したいと思っています。

 

この記事を書いた時点では、私にちょうど良いテニスのサークルは見つけられませんでしたが、この時見ていた、ジモティーというネットの無料広告掲示板から、「グルチャメンバー募集」というのを見つけ、思い切って応募してみました。

 

会員登録しないとアクセスできないので、早速会員登録しましたが、面倒くさかったです。

 

私はどうにもネットでの会員登録のたぐいのものが本当に面倒で、大体どこまで個人情報を公開していいやら、それもよくわからず、ちょっと怖さもありためらってしまいますが、とにかく会員にならないと連絡もできないので、なんとかやって会員になりました。

 

そしてすぐに、広告主にメッセージを送りました。

 

その時私は「グルチャ」というものが何かも分からずに応募しましたが、後で調べてみたら、「グループチャット」の略語だったんですね。

 

最近若者を中心に、やたらと略語を使いたがる傾向がありますが、私ははっきり言って嫌いです。

 

ブログでも若い人の書いた文章を読んでいると、やたらとこの手の略語や専門用語?、隠語が多く、いったい何を言っているのやらさっぱり意味が分からないことがあります。

 

デジタル音痴と言い、略語アレルギーと言い、どうにも私は今の時代について行けません。

 

さて話を戻して、広告主さんと連絡が取れて、私が参加の意向を伝えると、すぐに認められ、早速そのグルチャメンバーになりました。

 

広告を読んだ限りでは、50代独身(バツイチも可)限定で、近隣に住む者同士が仲良くなり、時々オフ会(これも最初は何のことかわかりませんでしたが)もやるのだそうです。

 

それでLINEのIDをもらって、友達に招待され、それからグループラインに招待されました。

 

メンバーは男女半々の10名ほどでしたが、とにかく私は顔も名前も知らない人ばかりなので、とりあえず自己紹介かなと思っていましたが、全然関係ないやり取りがじゃんじゃん流れてきて、これは一体何事かと思いました。

 

私も一応、「はじめまして、○○です。よろしくお願いします。」と言って入っていきましたが、私に関係のない話題で、ものすごい勢いでメッセージが入ってきて、もう通知音が鳴りっぱなしの状態になってしまいました。

 

内容を見るとどうでもいいものばかりで、何か一言返すと、すぐリプライが来たり、質問が来るとすぐに返さないといけないと思い、返すとすぐまた帰ってくると言った感じで、これはもうとてもじゃないけれど、ついて行けないと思いました。

 

とにかくしばらくは様子を見ようと思い、参加したのが夕方でしたので、その日寝るまでは私からはもうメッセージは送らずに、ただ届いたメッセージを読むだけにしましたが、それでもものすごい量のメッセージで、読むだけでも大変でしたし、さすがに通知音はあまりにうっとうしいので消しましたが、それでもメッセージが気になって、ずっとスマホのLINEを見てばかりで、何も手につかない状態でした。

 

なんだか仕事で頻繁にメールのやり取りをしていて、家にいてもずっと緊張が続いて落ち着かなかった、会社員時代のようでした。

 

第一、顔も名前も知らない人たちと、たわいもないことをしゃべりあうということ自体が、私には異常なことのように思え、ものすごい違和感を感じました。

 

夜は11時くらいで最後のメッセージが終わり、みんな「おやすみ」のスタンプを送ってきました。

 

そして次の日の朝、起きてラインを確認すると、みんな次々に「おはよう」と言って入ってきます。

 

「今日もよろしく」とありましたが、1日中こんなチャットをやるのでしょうか。

 

もはや私には正気の沙汰とは思えませんでした。

 

それでも私も参加しなければという思いもありましたが、よく考えると、何で別に話したいこともないのに、こんな会話にわざわざ入っていかなければならないのか、そもそも知らない人に何で毎日、おはよう、おやすみの挨拶をしなければいけないのか、訳が分からないと思い、結局何も送らずに、無視していました。

 

そのうちに管理人の方から、私に向けて「おはようございます」の挨拶が届きました。

 

その日は仕事だったので、私はとりあえず仕事から帰るまでは無視して、そのあと退会するか続けるか考えようと思っていましたが、もうどうにもうっとうしくて耐えられなくなり、いきなり「退会します」とメッセージを送り、そのまま退会しました。

 

退会してほっとして気持ちが落ち着きましたが、いったいあれは何だったのかと、まるで悪い夢でも見ていたかのような気分でした。

 

何事もやってみなければわかりません。経験あるのみです。

 

がしかし、これはとんだ経験でした。

 

夕方に参加して、翌日の朝にもう退会です。

 

さすがにあのメッセージの洪水は耐えられませんでした。

 

あんなのを毎日続けて普通に生活している人がいるなんて、私にはとても信じられません。

 

やっぱり私は時代に置いてきぼりにされた人間なんでしょうか。

 

だったらそれでいいですよ。無理について行く必要なんてありません。

 

社会人ならある程度はそれも必要かもしれませんが、もはや私は会社も辞めて、人間関係も断ち切った、いわば世捨て人です。

 

バイトはしていますが、デスクワークではなく肉体労働なので関係ありません。

 

もうこれからLINEには手を出さないつもりです。

 

あ~、怖かった。やれやれです。

 

とまあ、私の好奇心から飛び込んでみたグルチャの体験という、とんだ茶番の話でした。

 

それではまた。