50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小室圭さんと眞子様が結婚しました

こんにちは、まるぞーです。

 

今日は小室圭さんと眞子様の結婚記者会見がありました。

 

お二人は、本日婚姻届けを提出し、正式に夫婦になられたそうです。

 

私は記者会見は見ておりませんでしたが、終わってからテレビのワイドショーで、その模様は何度も流されていましたので、繰り返し見ることができました。

 

さすがに二人とも緊張した面持ちでしたが、予定通りこの大仕事をやってのける所はさすがだなと思いました。

 

この結婚には様々な障害があり、良くも悪くも世間の注目を浴びる中、ついに二人は障害を乗り越えてめでたく結婚となりましたが、この結婚について私の感想をちょっとだけ書いてみようと思います。

 

まず私は、もし私が小室圭さんだったら、絶対にこのような結果にはなっていないだろうと思います。

 

頭の良さ、行動力など何から何まで私とは違い、住む世界も違えば、能力においても私とは正反対と言ってもいいくらい、対極にいる人ですが、それでも私は、婚約が発表されて、そのあと母親の借金問題が出て、結婚が延期された時点で、私はこの結婚は間違いなく破談になると思っていました。

 

まさか3年後に、その間二人は全く会うことも出来なかったのに、本当に周りの反対を押し切ってまで結婚するとは思ってもみませんでした。

 

私が小室さんだったら、結婚が延期になった時点で、すぐに諦めていたでしょう。

 

ましてや世間でこれだけ批判され、大騒ぎになったら、もう結婚どころではなく、精神までも病むでしょうし、これ以上マスコミから追いかけられるのは嫌だと、すべて破棄して逃げ出していたことでしょう。

 

ですから私から見たら、小室圭さんは信じられない人です。なんて意志が強い人なんだろう、そして何という強いメンタルの持ち主なんだろうということです。

 

一方眞子様も相当意志の強いお方です。

 

皇室という特別な環境におられる方で、女性ですので、およそ私にはその立場に立って考えることは難しいですが、それでも私だったら絶対にプレッシャーに負けて、結婚は諦めただろうと思います。

 

つまりこの結婚は、大きな障害を乗り越えて、2人の強い意志によって成し遂げられたものだということです。

 

元々結婚願望が薄い私なら、もっと些細なトラブルや障害でも、面倒くさくなり、結婚なんていいやと、結婚を辞めてしまうことでしょう。

 

ですから私には二人のこれほどまでの強い意志は信じられませんし、今日の会見で小室さんが言った、「私は眞子さんを愛しております」なんていう言葉は、私には絶対に言えない言葉です。

 

私も小室さんも同じ人間なのに、こんなにも大きく違うものでしょうか。

 

人というものは一人の人を、これほどまでに強く愛することができるのでしょうか。

 

いやはや恐れ入りましたという感じです。

 

色々と批判する人もいるでしょうが、私は二人の結婚を祝福したいと思います。

 

そもそも借金問題は小室さん本人ではなく、小室さんの母親の問題ですから、小室さんの対応に問題があったという批判はわかりますが、それを理由に結婚を反対するのはおかしいと私は思います。

 

眞子様も皇室という立場上、自分の自由意思で誰とでも好きに結婚するわけにはいかないという意見もあるでしょうが、今の時代、皇室であろうと一般人であろうと、成人した大人同士がお互いの意志で結婚したいのなら、誰も止める権利はないのではないかと思います。

 

2人の意志で結婚したいのなら結婚すればいいと思います。

 

それにしても今はSNSにより、芸能人や有名人は見ず知らずの人からも誹謗中傷を受ける、生きづらい世の中です。

 

眞子様複雑性PTSDにもなりながら、それでも毅然として公務をこなし、自らの意志を貫いて結婚、そして今日の会見と、本当に立派だと思います。

 

そして小室圭さんは、マスコミに追いかけられ、誹謗中傷を受け、皇室から受けたプレッシャーも相当だったろうに、それを乗り越えて3年越しの眞子様との再会、そして結婚と、なんと強い精神力なんだろうと、尊敬してしまいます。

 

まさに私とは対極にいるすごい強い人だなあと思います。

 

ただし結婚は人生のゴールではありません。

 

これだけ世間から注目され、困難を乗り越えての結婚ですが、この先二人の関係が生涯ずっと良好で幸せに暮らせるかどうかは全く分かりません。

 

私と小室さんを比べた場合、果たしてどちらが幸せかということは一概には言えないと思います。

 

小室さんは今も様々なしがらみの中、窮屈に感じながらの結婚、そして就職です。

 

仕事だっていくら高給取りと言ったって、外国で慣れない新婚生活、苦労も絶対に多いはずです。

 

一方私は何のしがらみもなく、全くの自由の身です。

 

これから先人生何が起こるかわかりませんが、私と小室さん、全く異なった人生を歩みますが、果たしてどちらが幸せかは比べようもないし、誰にもわかりませんね。

 

とにかく生き方も環境もあまりにも違いすぎて、比べる指標が何もありません。

 

だとしたら私は小室さんに嫉妬する必要など全くありません。

 

私は嫉妬深いので、お金持ちや結婚して幸せそうな人を見ると、誰でも嫉妬を感じますが、小室さんにだけはなりたいとは思いません。

 

それくらい小室さんの立場は窮屈で、私だったら何もかも捨てて逃げ出したい、下手をしたら命を捨ててまで逃げだしたいと思うでしょう。

 

ですから小室さんと眞子様には頑張ってほしいというか、幸せになってほしいと思います。

 

マスコミもできるだけそっとしておいてほしいと思います。

 

そして匿名での誹謗中傷は本当に良くありませんね。

 

まさに人の命まで奪いかねない凶器となります。

 

是非言われた相手のことを考え、そういう心ない発言をする人がいない世の中になって欲しいと思います。

 

それが無理なら法規制を強化すべきですね。

 

まあ私はそう言った被害も受けないように、ひっそりと生きていきますから大丈夫そうですけどね。

 

それではまた。