50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「貯蓄がある世帯」の平均貯蓄額はいくら?

こんにちは、まるぞーです。

 

新年早々、貯金の話です。

 

ネットで見つけた記事です。

 

「貯蓄がある世帯」の平均貯蓄額はいくら?

 

こういう記事ってしょっちゅう見かけますが、何度も見ていても、またつい見てしまいます。

 

いつも大体数字は同じなので分かってはいるんですが、どうしても人と比べたくなって、つい見てしまいます。

 

人の貯金額が多かろうが少なかろうが、私には関係ないんですけどね。

 

さてそれでは答えですが、このサイトによると、二人以上で暮らす世帯の平均貯金額は、ずばり1436万円だそうです。

 

だから何?と言われればそれまでですが、これを見て私がどう思ったかと言うと、多いとも思わないけど、決して少なくはない、あとはそれぞれ年代も違いますし、また平均値と中央値も全然違いますから、これだけ聞いてどうのこうの言うことではないなと言った感じです。

 

では中央値はいくらか。それは、650万円だそうです。

 

やっぱり平均値と中央値ではだいぶ差がありますね。つまりそれだけ格差が大きいということです。

 

ところでこれは貯金が0の世帯も含めた平均なので、貯金のある世帯だけの平均はと言うと、1721万円だそうです。

 

結構多いなと感じます。

 

もちろん私は平均より多いのですが、私の両親などは貯金がほとんどありませんから、これは多いなと感じます。

 

ちなみに中央値は900万円だそうです。

 

では年代別に見るとどうなるかと言うと、次のようになるそうです。

 

保有世帯の年代別の平均値、中央値は以下の通りです(年代は世帯主の年齢)。

●20代……平均値350万円、中央値235万円

●30代……平均値644万円、中央値423万円

●40代……平均値1177万円、中央値686万円

●50代……平均値1955万円、中央値1000万円

●60代……平均値2154万円、中央値1465万円

●70歳以上……平均値2208万円、中央値1394万円

 

50代は約2000万円ですか。老後2000万円問題が言われましたが、これによると平均でクリアしていますね。

 

ちょっと私の予想以上に持っているなあと思いました。

 

でも中央値は約半分の1000万円ですから、半数の人は結構苦しいんだということです。老後のためにいっぱい働いて、せっせと貯金に励まないといけません。

 

そうしてみると私は恵まれていて、当然私はどの世帯の平均よりも多く持っているのですが、だからと言って私は自分が金持ちだとは思いません。

 

だってこの平均値の人たちは、みな収入があるでしょう。

 

私のように給与収入がほぼない人は例外です。

 

いくら保有資産があっても、それを切り崩して生活していくわけですから、単に資産額が多いからと言って手放しでは喜べません。

 

そしてこの平均値の人の資産内訳をみると、

 

ちなみに金融資産の中身は、預貯金が47.2%、株式や投資信託などの有価証券が20%、生命保険が19.5%など。

 

だそうです。やっぱり予想通り預貯金が多いですね。

 

で、いつもそうなんですが、結局私と比べても、私はこれらの平均とはかなり違った環境下にいるので、これと比べること自体があまり意味がないと思うのです。

 

だからこんな平均値なんてどうでもいいのです。

 

でも冒頭に書いたように気になってしまいます。

 

要は自分が平均より資産をたくさん持っているということで、安心したいのでしょう。

 

充分安心じゃあないでしょうか。

 

70歳以上の平均の倍も持っているんですから。

 

だから私は働かなくてもいいんです。FIREなんです。

 

いい加減こういう数値を気にするのはやめにしましょう。

 

株が下がっても不安がらずに、自分の資産に自信をもって、でんと構えていきたいと思います。

 

それではまた。