50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NFTアート始めました

こんにちは、まるぞーです。

 

ここ数日、NFTアートを始めることに夢中で、一生懸命にやっていました。

 

ものすごく難しく、大変で、なかなかうまくいきませんでしたが、ようやく無事に出品することができました。

 

私がどうやって出品までたどり着いたか、ちょっと書いてみます。

 

まず私が参考にしたのは、こちらのYouTube動画です。↓

 

www.youtube.com

 

普通、NFTアートを出品するには、手数料がかかり、それを暗号資産で支払わなければならず、まずは出品前の準備として、暗号資産を手に入れることが必要とされています。

 

それもどうやったらいいか私にはさっぱりわからず、またその手数料というのが、結構高いようなので、無料でできる方法があるなら、それでいこうと思い、この動画を見て、その通りにやってみました。

 

これはパソコンを使わず、スマホのみでやるということでしたが、動画の通りに進めていくと、どうしてもわからず、うまくいかないことが出てきました。

 

それは出品するNFTアートを、スマホでは作成できないといううことです。

 

私は出品するNFTアートを、photoshopで作成しました。当然パソコンでですが、その画像データをスマホに移動させることができません。

 

それで仕方なく、今度はパソコンから出品する方法をYouTube動画で探し、こちらの動画を見てみました。↓

 

www.youtube.com

 

こちらの動画と、前の動画の2つを見て、なんとか出品にこぎつけました。

 

それにしても私には本当に難しく、どうしてこんなに仕組みを複雑にしているのだろうかと、まるでわざとわかりにくくしているように思えて、不思議に思いました。

 

やっぱりもうデジタルツールについて行くのは限界を感じます。

 

本当に疲れました。

 

まあ何とか出品はできましたが、まだもう一つ問題があります。

 

まだ私は仮想通貨を持っていないのです。

 

これではもし私の出品したNFTアートが売れても、それで手にした仮想通貨を日本円に替えるすべも知りません。

 

どうやらまず国内の仮想通貨取引所に口座を開設して、そこに日本円を入金する必要があるということがわかりました。

 

それで早速コインチェックに口座を開設しようと試みたのですが、また途中でつまずいてしまいました。

 

本人確認をするときに、スマホマイナンバーカードと自分の顔を撮影して送らなければいけないのですが、指示されたサイトからカメラを開こうとしても、スマホの画面が変わってくれません。

 

「現在カメラに切り替え中です」というメッセージが出たまま、いつまで待っても切り替わりません。

 

その状態が何日か続き、何度やっても同じで、私はもうコインチェックは諦めて、他の取引所に申し込もうかと思いましたが、今日もう一度やってみたら、カメラに切り替わらない画面から1段階戻った時に、エラーメッセージが初めて出て、今使っているブラウザが、この機能が使えないものなので、Google Cromeから開いてくださいと出たので、訳も分からず、Google にそのアドレスを貼り付けて実行したら、今度はカメラの撮影画面が出ました。

 

それで指示に従ってやったら、無事本人登録ができて、そして今さっき、コインチェックに1万円を入金したところです。

 

もう疲れてくたくたです。

 

いつもそうですが、こういったネットでの手続きを苦労の末終えた後は、精神的にものすごい疲労でぐったりします。

 

とにかく今回もやれやれです。

 

今日は疲れたので、もう何もやる気になれませんが、とにかくブログもちょっと更新していなかったので、この事だけは書いて報告しておこうと思いました。

 

まだまだ分からないことだらけですが、とにかく私のNFTアートはスタートしました。

 

たぶん絶対に売れやしないと思いますが、とにかくまずは初めて見ることです。

 

今出品しているアートはとんでもない(低い)クオリティーのものです。

 

ネットの情報によるとツイッターもやって、ツイッターで自分のNFTアートを宣伝していかないといけないそうですが、ツイッターを始めるのはもう少し後にします。

 

とにかく一度にいくつも新しいこと始めるのは、本当に大変です。

 

みんなよくこんなことやってるなあと、感心するばかりです。

 

それではまた。