50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本株を狼狽売りしました

こんにちは、まるぞーです。

 

今日も日経平均はきつい下げに見舞われました。一時27000円台を割り込むときもあり、終値は、457円安の、27131円でした。

 

ついこの前、28000円台を割り込んだと思っていたら、今度は27000円割れです。

 

底が抜けてしまったのでしょうか。

 

私もさすがに怖くなったというより、もうこのどんどん下がるストレスに耐えきれなくなり、早く売ってしまって、楽になりたいとの思いから、今日日本株を100万円以上も売ってしまいました。

 

今日売るくらいなら昨日売っておいた方がまだましでしたが、昨日は引けにかけて値を戻してくるのを見て、これなら明日以降、値を戻してくるかもと思い、売るのを辞めてしまいました。

 

今日も始めは今は売る時ではないと冷静に考えたりもしましたが、どんどん下がる相場を見ていたら、これはこの先、まだ下がるかもしれないという思いになり、もういてもたってもいられなくなり、ついに衝動的に売り注文を入れてしまいました。

 

これってまさに狼狽売りですよね。

 

絶対にやってはいけない投資行動の一つです。

 

それをわかっていてもやってしまうなんて。

 

やはり私は株価の動きに一喜一憂しない冷静な行動をとることはできなかったようです。

 

この程度の下げで狼狽売りするようなら、リーマンショック級の暴落に見舞われたら、いったいどうなってしまうのでしょうか。

 

先が思いやられます。

 

やっぱり私は何をやってもダメ、投資も例外ではないのでしょうか。

 

つくづく自分が嫌になります。

 

さて、今日大量に売ったことで、私のアセットアロケーションの変更が完成しました。

 

日本株を売った分、S&P500を買いました。

 

それで今のアセットアロケーションが、先進国株:米国株:日本株新興国株:8資産バランス=6:1:1:1:1になりました。

 

私は早くこれがやりたかったのです。

 

これで少なくとも明日からは、日本株がどれだけ下げようと、精神がおかしくなるほどイライラすることもなく、平穏に暮らせます。

 

しかし今回のアセットアロケーションの変更は、決して投資的には良い判断だったとは言えません。

 

アセットアロケーションの変更自体は悪いことではありませんが、タイミングが悪すぎます。

 

日本株がこれだけ下落している時に、わざわざ日本株を売って、下げているとはいえ、まだ日本株よりははるかに高値水準にあるS&P500を買うというのは、まったくもって損です。

 

でも私はもう我慢の限界でした。

 

こんなことならもっと早くに日本株を売っておけばよかったものの、巷の噂の今年は日本株が上がるという話を俄かに信じて、少しずつ売っていこうと思い、売り渋っていました。

 

そうこうしているうちに、あれよあれよと日本株は下げ、本来なら日経平均3万円越えの水準で売るつもりだったものが、とんだ誤算となってしまいました。

 

もういいです。もう売ってしまいましたから、あとはなるに任せるしかありません。

 

しかし最近は株価の下落だけでなく、ストレスの溜まることが多すぎます。

 

なんといっても一番は、前立腺の不調です。

 

もう気が狂いそうです。

 

毎日毎日辛い症状で、やけっぱちになり、もう何もかもどうでもいいやと言う気になってきました。

 

あまりの辛さと不安で、もう生きているのが嫌になります。

 

それもあって、今日は半ばやけくそで株を売ってしまいました。

 

それから仕事もストレスです。前回も例の嫌なおじさんにちょっかいを出され、嫌な思いをしました。

 

そして今日は英会話に行ってきました。

 

前立腺の症状で、昨晩は全然眠れなかったうえに、今日も症状が気になって、とても英会話に集中できる状態ではありませんでしたが、例のスピーチで、先生に嫌な突込みをされ、もうこれ以上スピーチで話すこともないし、話したくもないと思い、なんだか辛くなって、もう泣きたい気分でした。

 

そんなこともあり、やけ食いならぬやけ売りで日本株を大量に売ってしまいました。

 

でも売ったらちょっとすっきりした気分です。

 

しかし前立腺は最悪です。

 

治らない病気だし、治療方法もないのだから、仕方ないとあきらめるしかありませんが、明日はちょうど薬もなくなるので、泌尿器科へ行ってきます。

 

この状態で調子がいいですとはとても言えませんが、かといって悪いと言うとまた内視鏡検査とか言われたらどうしようととても心配です。

 

内視鏡検査を受けるつもりはありません。だって検査の結果万が一、間質性膀胱炎だと診断されたとしても、それも治療法がなく、治らない病気なんですから。

 

それなら知らずに症状に耐えていたって同じことです。

 

どのみち症状に耐えるしかないということです。

 

それにしても日に日にひどくなってきているような気がします。

 

治る気配は一向にありません。

 

もうどうしようもありません。八方ふさがりです。

 

それではまた。

2021年の確定申告を作成しました

こんにちは、まるぞーです。

 

今日は仕事でした。来週かと思っていた源泉徴収票が、今日もらえたので、家に帰ってきてから、早速確定申告の書類を作成しました。

 

先日ブログに書いたように、源泉徴収票以外の項目(株の譲渡所得、国民年金国民健康保険料)は既に入力済みですので、源泉徴収票の項目だけを追加入力して、すぐに完成しました。

 

その結果、今回の確定申告では、還付額が96000円となりました。

 

昨年は31000円でしたが、それは投信の売却益にかかる源泉徴収額と、配当にかかる源泉徴収額を足したもので、つまり昨年は、投資の利益によって払った税金は、全額確定申告で戻ってきたのでした。

 

これなら金融所得税が30%に増税されたって関係ないやと高をくくっていましたが、今回はそうはいきませんでした。

 

昨年は投信を売りすぎてしまい、払った税金は約17万円でした。

 

それが確定申告をしても、96000円しか戻ってこないということは、74000円は税金としてちゃっかり取られてしまったということです。

 

とにかく今年は失敗でした。やはり利益確定は慎重にして、給与所得と合わせて130万円は超えないようにしないといけません。

 

そして私は難しい計算がよくわかりませんので、いったいいくらまでなら払った税金が丸々戻ってくるのかわかりませんが、とにかくあまりたくさん売ってはいけないということがよくわかりました。

 

昨年の確定申告では給与所得は十数万円でしたが、今回は60万円もありました。

 

おかげで投資の売却益と合わせて、160万円もの所得になってしまいましたので、今年は住民税非課税世帯ではなくなってしまいました。

 

まあ仕方ないですね。自分でやったことですから。細かい計算はわかりませんが、とにかく勉強になりました。

 

これからは利益確定はできるだけしないようにして、たくさん利益を確定すると、その分税金が引かれて、戻ってこないのだということを肝に銘じておきましょう。

 

さて確定申告は、すでに書類を印刷済みですので、あとは税務署に提出しに行くだけですが、明日行くつもりです。

 

まだマイナンバーカードを使って、ネットで提出する方法はよくわからないのでできません。

 

第一、現在私の自宅では、スマホが全くネットにつながらない状態ですので、もしやり方が分かったとしても実際はできません。

 

デジタル音痴の私には、プリンターで印刷したものを税務署に持っていくのが精いっぱいです。

 

ただそのプリンターですが、これももうかなり長いこと使っているもので、今使っているパソコンには対応していないので、印刷するときはファイルをUSBメモリにコピーして、それをプリンターに接続するWindows7のパソコンに移して印刷しています。

 

面倒くさいのは仕方ないとして、そのプリンターがだんだん調子が悪くなってきました。

 

ときどきエラーになって、うまく印刷出来ないこともあり、そうなると印刷に異常に時間がかかってしまいます。

 

電源を入れ直したりして、何度かやり直すと最後には何とかなるのですが、途中で止まってしまい、どうしようもなく途方に暮れることもあります。

 

それともう一つの問題は、印字がしばしばかすれるのです。

 

インクが目詰まりを起こし、何度かノズルのクリーニングをするのですが、最近は何度クリーニングをしても直らないようになりました。

 

インクカートリッジを新しいのに交換してもダメで、色によって出ないものがあります。

 

おかげで黒はちゃんと印刷されるのですが、カラーだとおかしな色になってしまいます。

 

今回の確定申告も、赤と青のインクがちゃんと出ていないので、画面上で見るのとは違った色になってしまった箇所があります。

 

それでも文字は読めるので、まあいいかと思っています。

 

ただし写真はダメです。もうこのプリンターではカラー写真は印刷できません。

 

ただ最近はプリンターを使うこともめっきり少なくなったので、新しいのに買い替えるのももったいないと思い、今のでずっと我慢しています。

 

たまにしか使わないので、余計目詰まりしてしまうんだと思います。

 

とにかくプリンターって、インクがやたらと高いのでほんと不経済ですよね。

 

でも今回のように、たまではあっても必要な時があって、そういう時にちゃんと作動してくれないとほんと困ります。

 

まあこれも様子を見ながら、どうにもならなくなったら、最安値のを買うことになるでしょう。

 

今のは買った時は、結構高価なハイグレードモデルでした。

 

昔は高い方がいいと思い、パソコン関係は皆グレードの高い高級品を買っていましたが、今考えると本当にもったいないことをしました。

 

いくらいいのを買っても数年たつとただのゴミになるんですから、パソコンは本当に金食い虫です。

 

一番安いのを買って、頻繁に買い直した方が得だと、何年かたってからやっと気づきました。

 

もちろん今ではスマホも含めて最安値のものしか買いませんが、プリンターはまだ私がグレードの高い商品を買っていたころの名残です。

 

そのころはまだいっぱしのサラリーマン、むしろ高給取りでした。

 

今は事情が違います。

 

年間給与が60万円、そして今年の予想は十数万円、セミリタイアした貧乏人です。

 

投資は水物ですから、安定した収入と計算することはできません。

 

出来る限り、節約あるのみです。

 

それではまた。