50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

頸椎MRI検査の結果

こんにちは、まるぞーです。

 

本日2回目の投稿です。

 

前の記事でもちらっと触れましたが、昨日整形外科を受診して、本当は今日はその結果を書く予定でした。

 

ところが、株価の急落があまりにもすごかったため、そちらの方を記事にしましたので、改めて昨日のMRI検査の結果について、ご報告します。

 

とにかく心配性の私ですから、前々日から緊張していて、当日の朝は、おなかを壊して下痢になってしまいました。

 

途中でトイレに行きたくなるといけないので、朝食のコーヒーも飲まない予定でしたが、頭が考え事でいっぱいで、ぼおっとしていたら、気が付いた時には、すでに自分でコーヒーを入れて飲んでいました。

 

そんな状態で、予約時間よりもだいぶ早くに医院に着き、診察券を出して待っていました。

 

トイレも済ませておいたのですが、検査予約時間間際になって、また緊張からか、おなかが痛くなってしまい、これは我慢すべきかトイレへ行くべきか迷った挙句、再びトイレで大の方の用を足している最中に、名前を呼ばれてしまいました。

 

私は大声で、「今トイレです」と言い、その後出てからすぐに検査室に行きました。

 

医院は空いていて、予定よりも早く検査が始まりました。

 

検査は無事に終了し、その後結果が出るのを待っての診察でしたが、それも予想以上に早く呼ばれました。

 

前は結構混んでいたのに、院長先生が復帰してから、いつも空いています。なぜなんでしょうか?

 

さてそれはともかく、撮ったばかりのMRI写真を見ながら、説明を受けましたが、結果は、前回(7か月前)に撮ったものと、ほとんど状態は変わっていないそうです。

 

したがって、手術の対象ではなく、医師によると、「首は動くので、時々痛みやしびれの症状が強く出る時もあるが、また治まるときもある」とのことでした。

 

私はそれを聞いて、一気に緊張状態から解放され、胸をなでおろしました。

 

結局今回も、もしかしたら悪化していて、すぐに手術になるかもしれないと、ものすごく心配していて、最悪のケースばかり考えて、ストレスをためていましたが、取り越し苦労でした。

 

大体いつも同じです。とにかく何でも心配で仕方なく、不安で押しつぶされそうになって、緊張していくのですが、たいていは結果オーライで、取り越し苦労に終わります。

 

全くどうしようもない性格です。

 

昔からずっとそうでした。こればっかりは死ぬまで治らないでしょう。

 

とにかくやれやれです。

 

とはいっても、首の痛みや手のしびれが治ったわけではありません。

 

そして私も何度も医者に確認していますが、この病気(頚椎症性脊髄症)は、手術以外に治療法はないそうで、私も将来的には手術になるだろうということです。

 

そう考えると憂鬱です。

 

そしてそれまでは、痛みやしびれがあっても、痛み止めを飲むだけの対症療法で、薬を飲んでもあまり効いている感じはなく、あとは我慢するしかないと言われています。

 

いったいいつになったら手術になるのか、もちろん私としては、できるだけ遅い方がいいですが、とにかく不安は消えません。

 

というわけで、今の所は何もなく、1か月後にまた受診して、経過観察ということで、また薬をもらって終わりました。

 

それにしても私の体も心も、悪い所だらけで、ほんとにこんな状態で働けるのだろうかと、とても自信がありません。

 

それでも私はこれから仕事を探して、働こうと思っています。

 

もちろん正社員は考えていません。

 

採用自体難しいでしょうし、もし採用されたとしても、今の私に正社員の労働は無理です。

 

ですからアルバイト、それも障碍者枠での仕事を探そうと思います。

 

もう4年間もまったく働いていませんから、いきなりはたぶんきついと思います。

 

なるべく楽な仕事で、慣らし運転をしながら、徐々に増やしていくか、うまくいけば、いずれは一般採用の仕事に就ければ、そうしたいと思います。

 

働きたいと思う理由は、第一はやはりお金の問題ですが、それだけではありません。

 

仮に今ある資産だけで、なんとか老後を乗り切れるとしても、やはり私はまだ50代です。

 

何か社会とつながりたい、そして人と関わって、生きがいを感じたいという思いがあります。

 

人間関係がうまくいかなくて、病気にもなり、仕事を失った私ですが、それでもやはり孤独はつらいです。

 

それに私の場合、これと言って仕事以外にやりたいことがあるわけでもなく、毎日家か図書館で、ずっと一人で過ごすだけの生活は、決して楽しくはありません。

 

ですから何かやってみたいのです。

 

もう失うものは何もありませんから、やってみてだめだったら、すぐやめてまたほかの仕事を探します。

 

とにかくまだ働くのをあきらめるのは早すぎます。もう一度挑戦したいです。

 

それには何とかして健康を取り戻したいです。

 

それではまた。

 

株価急落です

こんにちは、まるぞーです。

 

いやー、びっくりしましたね。

 

前回の資産公開の記事で、私はこの後、世界株は調整するだろうという予想を書きましたが、見事に当たりました。

 

とはいうものの、私の予想では、調整はもう少し先だと見込んでいました。

 

そうしたらいきなりの暴落に見舞われました。

 

NYダウが、一昨日1000ドルも下げたので、昨晩はさすがに上げるかと思いきや、またまた879ドルも下げるんですから、これには驚きました。

 

そして何より日本株です。

 

アメリカ株は連日の史上最高値更新で、高値圏にありましたから、これくらい調整してもまだまだといった感じです。

 

ところが日本株はもともとの水準が、一人負けといった感じで伸び悩み、低水準にありましたから、そこからの1000円下げはきつかったです。

 

さすがに今日はやや下げ渋っていますが、それでも前引けで248円安、昨日と合わせ2日間で、1000円下げました。

 

私のポートフォリオを見ても、他の資産はまだプラスのリターンですが、日本株だけは大きなマイナスとなっています。

 

こうなればここから先は、買い増し出動です。

 

昨日は医者に行っていて、パソコンを使えない状態だったので、買いたくても買えませんでしたが、逆に買わなくて正解でした。

 

今日さらに下落しているので、昨日の分と合わせて、今日は日本株と先進国株を3万円ずつ、合計6万円の買い注文を出しました。

 

本当は売りも買いも、1日1万円と言ってはいますが、こういう時は臨機応変にやっていきます。

 

ただ誤解しないでほしいのは、私が言う調整というのは、まだこのレベルの下げではありません。

 

これを下げたからと言って、ドーンと買い増ししたりするのは、投資ではなく投機です。

 

さすがに今回の下落の時期も、私の予想より早くいきなりやって来たように、さすがに売り場、買い場を予測することはできません。

 

ですからもっと長い目で俯瞰して、長期移動平均線より株価が大きく上にある時は、少しずつ売り、逆に大きく下にある時は少しずつ買っていくというのが、私の手法です。

 

ですから明日以降は、株価の動向を見つつ、この水準が続くなら、1万円ずつ買って、アセットアロケーションの割合になるまで、買い続けます。

 

つまりは、1万円ずつ割合の少ない資産を買いながら、リバランスしていくということです。

 

逆に株価が大きく上がったら、割合の大きくなった資産を、1万円ずつ売りながらリバランスしていくということです。

 

それでも今回の株価下落を私は歓迎します。

 

だって一本調子に上がっていくよりも、上げたり下げたりを繰り返しながら、最終的には上がっていく方が、少しずつの売り買いでも利益が増えますからね。

 

ということで、昨日からの急落で悲しむどころか、私はうれしくて、もっと下がれと心の中で思っています。

 

ただ実際はそんなに大きな売買をしているわけではありませんので、ほったらかし投資とそんなに差が出るとは思いませんが。

 

それでも何もしないより、少しでも売ったり買ったりしている方が、投資をしているという実感が持てて、やっていて楽しいです。

 

とにかく私にとっては、投資は趣味というより、仕事のようなものですから。

 

一応現在は無職ですが、自称投資家ということでやっていますので。

 

それではまた。