50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

別の整形外科へ行けと言われました

こんにちは、まるぞーです。

 

今日は仕事でした。

 

相変わらず頚椎症の症状が酷く、首の痛みに肩こり、腕の痛みと手のしびれに耐えながら、仕事に行ってきました。

 

昨日精神科へ通院した際に、頚椎症の症状が辛いと言ってみましたが、またいつものように、すぐにセカンドオピニオンがどうのこうのと言い出しました。

 

この精神科医は、私が体の不調を訴えると、すぐにセカンドオピニオンと言いだし、別の医者に行ってみろと言うのです。

 

頚椎症については私はちゃんとネットや本で調べていて、今通っている整形外科の医者が言う通り、まだ手術の段階ではないし、他に治療法はないので、我慢するしかないというのはわかりきっているのに、この精神科医は何もわかっていないくせに、やれリハビリがどうだの、治療法はないのかなどと、勝手なことを言い、(向こうは親切のつもりで言っているのかもしれませんが、)おせっかいにも他の医者に行けとかいうんです。

 

別に私は頚椎症についてアドバイスが欲しくて、この医者に訴えているわけではありません。

 

ただ今週はどうでしたかと聞かれるので、私がいま直面していることや、心身の状態を報告しているにすぎません。

 

前立腺の病気と頚椎症は、ちゃんと専門医に診てもらっているので、余計なおせっかいは要りません。

 

それより専門の精神について、ちゃんと相談に乗ってもらいたいです。

 

とにかくこの医者には何も期待していません。

 

だったら私も頚椎症のことなど言わずに、調子はいいですと言っておけばいいのでしょうか。

 

きっとそうでしょう。これからはそうします。

 

さてそうは言ったものの、人から何か言われると、気になってなかなか無視することができない私は、やはり別の整形外科へ行ってみようかという気になり、ネットで近くの整形外科を探してみました。

 

どこがいいのかなかなか判断がつきかねますが、とにかく一番良さそうなところへ行ってみようかと思います。

 

また一から症状を説明して、レントゲンにMRIと、検査が面倒ですが、仕方ありません。

 

ほんとに病院通いが仕事のようで嫌になります。

 

でも仕事は辞められても、医者通いは辞められませんから仕方がありません。

 

それを考えたらまた憂鬱になってしまいました。

 

急に暑くなり、体もバテ気味で、とにかく首の症状が辛いので、気分もすぐれません。

 

それでも仕事に行けば、頑張ってやるしかないので、むしろ家にいるよりも仕事に行っていた方が気がまぎれていいです。

 

何なんでしょうかねえ、私の人生は。

 

せっかくセミリタイアして、自由な時間があるというのに、ちっとも楽しめません。

 

これが私の運命なんでしょうかねえ。

 

それではまた。

 

車の修理が終わりました

こんにちは、まるぞーです。

 

今日は仕事でした。

 

実は最近また頚椎症の症状が出てきて、昨日あたりからだんだんひどくなり、首の痛みに加えて、肩こりと手のしびれや腕の痛みも出てきました。

 

私のブロブをずっと読んでくださっている読者の方ならご存じでしょうが、私は頚椎症性脊髄症と言う病気を患っていて、首の骨が変形して神経を圧迫しています。

 

治療方法は手術しかないのですが、まだ手術するほどひどくはなく、症状は今書いた通りで、手のしびれ、腕の痛みなどですが、一時期酷かったものの、何も治療していないのに自然と良くなり、しばらく症状は収まっていましたが、また出てきました。

 

理由はよくわかりませんが、症状には波があって、よくなったり悪くなったりします。

 

ただ骨の変形自体は不可逆性でだんだん進行していくので、いずれは手術をしないといけなくなると思います。

 

私は前立腺と頸椎の2つ持病を抱えていますが(他にも睡眠時無呼吸症候群うつ病も持病ですが、現在症状に悩まされているのはこの2つです)、片方が良くなるともう片方に症状が現れると言ったように、常にどちらかの症状に苦しんでいます。

 

なぜかたいていは片方で、両方同時にひどくなったことはあまり記憶にありません。

 

もちろん両方とも症状は常にあるのですが、比較的落ち着いた状態と酷い状態を繰り返し、いつも片方が良くなるともう片方が悪くなるということが続き、常にどちらかの症状で苦しんでいるという状態です。

 

今回もずっと苦しんできた前立腺の症状が、ようやくあまり気にならなくなってきたと思ったら、今度は頚椎症の症状が悪化しました。

 

こんな状態では仕事をするのも非常に辛いです。

 

今日も朝から首が痛く、手が痺れて痛いので、仕事ができるかなあと心配していましたが、いざ仕事に行くと、緊張感からかあまり痛みが気にならなくなり、仕事はちゃんとできましたが、終わって家に帰ってくると、また症状が酷くなり辛いのです。

 

多分に精神的な要因もあるのでしょうか。

 

それにしても常に病気に悩まされ、本当に嫌になります。

 

セミリタイアして仕事の人間関係のストレスからは解放されましたが、病気のストレスは解決の仕様がありません。

 

頚椎症もまだ手術とはならないでしょうし、ただ我慢するしかありません。

 

 

 

さて話は変わりますが、昨日ようやくコバックから電話があり、今日修理に車を持って行きました。

 

f:id:maruzokun:20210608172049j:plain

 

朝持って行って代車を借り、代車で仕事に行き、仕事終わりにちょうど修理が終わりましたという連絡がきたので、その足で取りに行ってきました。

 

オルタネーターを交換して、支払いは見積もり通りの42900円でした。

 

あと冷却水がだんだん減ってくると訴えて、もう一度点検してもらいましたが、冷却水の漏れはないそうです。

 

減ってくるのはたぶん、ラジエターの交換をしたときにエアーが入り、それがだんだん排出されるので、その分水位が下がってくるのだろうということでした。

 

もう修理してから2か月以上たつので、それはないのではないかと半信半疑ですが、とにかく悪くないと言われたので、しばらくはそのまま乗って様子を見てみることにします。

 

とにかく修理は完了しました。

 

一応直ったので、まだすぐには新車は買いません。

 

今度故障して修理が必要になったら、その時は新車を買うかどうかまた検討します。

 

冷却水の漏れは、私は直らないのではないかと思っていますが、漏れていたとしてもわずかですので、減ったら冷却水を足して、とにかく乗れるだけは乗るつもりです。

 

昨日新車を見に行って見積もりをもらいましたが、やはり150万円は高いですよ。

 

相当な高額出費です。

 

それともう一つまだ新車を買いたくない理由は、今買った車の元が取れていないからです。

 

すでに書いたように、私は今の中古車を40万円で購入しました。それでまだ2年しか乗っていないのです。

 

実は新車購入を検討した時に、リースと言う選択肢も考えて調べてみました。

 

結果は、今乗っているのと同じ車で、月々の支払いが5000円で新車に乗れ、さらに税金、保険、車検、修理代がすべて無料になります。

 

一見すごくおいしそうな広告ですが、実は毎月の支払5000円だけでなく、ボーナス時に66000円支払わなければなりません。ボーナスは年2回ですから、結局年間の支払総額は約20万円になります。

 

計算してみると、新車を購入して10年乗るのとだいたい同じ値段です(税金、保険、車検代を入れて)。

 

10年以上乗って初めて購入の方が得になります。

 

ですからリースも決してそんなに悪い選択ではないのですが、購入よりお得かどうかと言うと、一概にそうとは言えません。どちらも似たようなものです。

 

それで私は、それならやはり購入したいと思ったのですが、それで計算するとリースの場合1年間にかかる費用から車検代、税金、保険代を差し引くと、だいたい年間14万円ずつかかるということになります。

 

ですから14万円を10年払い続けるのと、140万円で買った新車を10年乗るとでだいたい同じ金額になるという計算です。

 

それなら40万円で購入した私の中古車は2年乗っただけで捨てると、28万円分しか使っていないので損をすることになります。

 

3年乗るとリースで42万円ですから、ようやく元が取れたという計算です。

 

ですから何としてもあと1年、せめて3年は乗りたいなあと思っています。

 

第一、11月に車検を通したばかりで、まだ次の車検は令和4年の11月ですから、あと1年5か月もあります。

 

少なくとも次の車検までは、新車に乗り換えたくはありません。

 

なんとしてもこの節約セミリタイア生活を成功させねばなりません。

 

とにかく車は乗りつぶすのが私の信条です。

 

まだまだ乗れる車です。そう簡単に捨ててなるものかと思っています。

 

頚椎症のせいで、キーボードを打つ手が疲れて、肩もパンパンに張ってきました。

 

首も痛くもう限界ですので、今日はこれにて終了とします。

 

それではまた。