50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新倉瞳さんのCDが届きました

こんにちは、まるぞーです。

 

新倉瞳さんのCDがもう届きました。

 

f:id:maruzokun:20200914173846j:plain

昨日注文して、今日到着。すごいスピードです。驚きました。

 

早速、「Largo 愛の挨拶」の方から聴きながら、今ブログを書いています。

 

第一印象は、思ったより良くないです。

 

普通ネガティブなコメントは書かないものでしょうが、このブログは他人に忖度しないブログですので、私は正直な感想を書きます。

 

You Tubeで聴いていた時はとても良く、これをパソコンのスピーカーではなく、高級オーディオで聴いたらさぞかしいいだろうと、期待に胸を膨らませていましたが、いざ聴いてみたら、いまいちなのです。

 

理由は2つあると思います。

 

まず1つ目は、タイトル曲はいいのですが、このCDは総演奏時間が79分と、CD1枚の限界(80分)まで収録されていて、大変長いのですが、その中には私の知らない曲も結構たくさんあり、それがいまいち退屈なのです。

 

そして2つ目の理由ですが、こちらがおそらくはメインの、そして本当の理由はこちらだけだと思いますが、私の高級オーディオの音がよくないのです。

 

f:id:maruzokun:20200914181910j:plain

 

故障ではないと思うのですが、バランスが悪いと言うか、つまり音は出るのですが、聴いていて決して気持ちのいい音ではないのです。

 

こちらについては以前(だいぶ前の記事)ブログに書きましたので、そちらを載せておきます。

 

maruzokun.hatenablog.com

 

maruzokun.hatenablog.com

この2つの記事では、主に左右のスピーカーの出力のバランスがおかしいことを書いています。

 

これはそのまま何もいじっていないのに、時間が経つとともに自然に直ってきました。

 

ほんと不思議なことですが、今はほとんど違和感なく聴けています。

 

ところが問題はこの記事に書いてあることです。


maruzokun.hatenablog.com

今回のアンプ交換では、一瞬ハッとするようなハイエンドのサウンドも垣間見えましたが、しばらく聴くと大音量と小音量時の差が極端で、どうにもストレスを感じる、とても音楽を楽しむには問題のある音になってしまいました。

 

結局それ以来、もうオーディオ自体は全くいじっていないのですが、スピーカーの左右のバランスはほぼ解決したものの、ここに書いた、「大音量と小音量時の差が極端」という問題は解決しませんでした。

 

でももう今更アンプ交換などという大手術をやる気にもなれず、ましてや新しいアンプを買うお金など到底ありませんので、そのまま我慢して聴いていました。

 

聴くCDは限られているので、毎日同じ音楽を聴いていると、これはこういうものかと、慣れてしまい、あまり音の良し悪しは気にならなくなってきます。

 

ところが今回のように、新しいCDを購入していざ聴いてみると、いつもがっかりさせられるので、やっぱりオーディオの音が不調だということでしょう。

 

ほんとに大金を使って、もったいないことをしました。

 

もっと安いシステムでよかったんです。

 

それでも十分音楽は楽しめます。

 

まさに私の黒歴史ですが、趣味とはいえ、オーディオには本当に馬鹿げた大金を投じてしまいました。

 

今更いくら後悔しても仕方がありませんが、オーディオに手を染めていなかったら、今頃はもっと余裕のあるセミリタイア、あるいは完全リタイア生活が送れていたことでしょう。

 

そう言っても仕方がないので、オーディオも、これ以上お金をかけることは絶対にしませんが、あるものは使って、毎日のように音楽を聴いて楽しんでいこうと思います。

 

オーディオは車と一緒です。

 

性能がどうとか音がどうとかではありません。

 

所有する喜びに浸って、悦に入っていればよいのです。

 

車に例えるなら、フェラーリかポルシェの中古を買ったはいいものの、調子が悪く、一応動くには動くのですが、メンテナンスに持っていくお金もなく、かといってスピードが出せないので、街乗りをトロトロとするだけなのですが、乗り心地は悪いのに我慢して乗っていると言った感じです。

 

実用性で考えたらトヨタの小型車か、もっとコスパ重視なら、新車の軽自動車が最高です。

 

まあそんな感じです。

 

車バカと言われる趣味の人がいるように、私はオーディオバカでした。

 

「でした」と過去形なのがせめてもの救いです。

 

だって車もオーディオも金のかかる趣味ですから、無職の貧乏人がやることではありませんからね。

 

ほんと分不相応です。

 

そんなことより投資です。

 

投資だけは失敗するわけにいきません。

 

幸い今のところ、調子よく言っています。

 

もう新倉瞳さんのCDのことなど忘れましょう。

 

それではまた。