50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブログのコメントに救われました

こんにちは、まるぞーです。

 

バイトを1週間勤め上げました。

 

やっと何とか週末にたどり着きましたが、本当に疲れました。

 

初日はちょっとしたパニックになり、いじめられているという被害妄想にもかられましたが、どうやらそれは私の思い過ごしで、完全な被害妄想のようでした。

 

2日目も行くのが嫌で、もう辞めたいと思いましたが、3日目になって、ようやく少し慣れて落ち着いてきました。

 

緊張も日に日に和らいできました。

 

それでも1週間が終わって、土曜の今日、疲れがどっと出ています。

 

週末だからと言って何かやりたいとか、外へ出かける気にも全くならず、今日は天気も雨ですし、ずっと家にいます。

 

明日はもし天気が良かったら、気分転換に街に出てみようかと思います。

 

それにしても仕事は大変でした。

 

どうしても私には人間関係というものがものすごく負担で、気を遣って疲れてしまいます。

 

まあこの5年くらい、ほとんど働いておらず、引きこもって社会と隔絶していたのですから、当たり前と言えば当たり前ですが。

 

とにかく急に全力投球したら、ぶっ壊れてしまいます。

 

プロ野球のピッチャーだって、ウォーミングアップを入念にして、徐々に上げていかないと、いきなり全力投球などしたら肩を壊してしまいますからね。

 

私も、そろりそろりと少しずつ慣らしていきます。

 

仕事1日目の、一番参っている時に、読者の方から、すごく心温まるコメントをいただきました。

 

コメント欄にも載っていますが、私と同様50代で無職の方ですが、その方も株式投資をされていて、肩書を「個人投資家」と名乗っているそうです。

 

その方もご指摘の通り、私は自分が無職であることが、どうにも恥ずかしく、人には胸を張って言えず、それがものすごいコンプレックスになっていて、焦燥していました。

 

その方の言うように、堂々と個人投資家と名乗ればいいし、セミリタイアブログ界隈を見ると、無職で生きている人が、私よりうんと若い人から同年代まで含めてたくさんいて、皆さん楽しく気楽に生きているところを見ると、無職だからと言って恥ずかしがることなんてないんだと思います。

 

それでもネットの世界は別として、私の現実の身の回りを見ると、やはりみんな働いていて、家族、親戚にも、無職だなんてとても理解してもらえそうになく、怖くて言い出せません。

 

それでとにかく私は何が何でも働かねばという焦りが強く、職場に適応できない自分を責めて、ますます自信喪失して、焦っていました。

 

そんな時にこの方からコメントをいただいて、「まあ、気楽に生きていきましょう。」と言われたら、なんだか急に肩の荷が下りて、楽になった気がしました。

 

まだ仕事はやめていませんし、来週ももちろん行きます。

 

出来る限りは今の仕事を続けるつもりですが、この方のコメントに私は本当に救われました。

 

まただめだったとしても、もう無理に働かなくてもいいやと思えるようになりました。

 

心が吹っ切れたというか、いやならいつでも辞めればいいし、もう働かなくても投資だけして、後は月々の出費をコントロールしていけば、このまま暮らしていけると思えたので、気もちが楽になりました。

 

現実にはこのように言ってくれる人はいないので、自分で自分を追い込んでいました。

 

ネットでは誹謗中傷の言葉を浴びることもありますが、このようなコメントに助けられることもあり、私は本当にブログをやっていてよかったと思いました。

 

コメントにも返しましたが、本当にありがとうございました。

 

仕事のある日は疲れてブログの更新もなかなかできませんが、休みの日にはなるべく更新して、細々とでも続けていきたいと思います。

 

それではまた。