50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

軽自動車税を払ってきました

こんにちは、まるぞーです。

 

しかしアメリカ株は良く下がりましたね。あまりの下げ幅に、開いた口がふさがりません。

 

金融引き締めという理由があるにせよ、ここまで下げるとは正直思いませんでした。

 

今まで調子が良かっただけに、なんだかがっくり来てしまい、もう証券口座の残高を見るのも嫌になってきました。

 

しかしここは買わねばなりません。

 

一気にたくさん買いたくなりますが、そこはぐっとこらえて、毎日1万円ずつ、しこしこと買っていきます。

 

これじゃあしばらくは、最高値圏まで株価が戻すことはないのではないでしょうか。

 

これからしばらくは、ずっと買い増しです。

 

昨日書いたように、これも上昇局面の単なるノイズ、そう考えて自分を慰めて、また励ましていこうと思います。

 

さて投資の話は終わりにして、今日、軽自動車税の納税通知書が届いたので、早速払ってきました。

 

12900円でした。ちょっと高くないですか? 確か前は7500円だったような気がしたので、調べてみたところ、2年前は7200円でしたが、昨年から12900円になっていました。

 

確か税制が変わったんですよね。新しい車だと税金が安くて、古い車だと高くなるというように。

 

私の車は相当古いので、一番高い金額を払わねばなりません。

 

軽自動車は税金が安いのも魅力でしたが、これでは普通車とあまり変わらないではありませんか。

 

7200円と12900円では5000円も違います。ちょっと値上げしすぎですよね。

 

エコのためだとか言ってますけど、新しい車に乗ることが本当にエコに繋がるのでしょうか。

 

私はそうは思いません。

 

新車を買うということは、それだけ資源を消費するということに他なりません。

 

むしろ古い車を廃車にしないで、長く乗り続けることの方が、よっぽどエコだと思います。

 

大体新車に乗るのはお金持ちです。古い車に乗る人は、お金がない貧乏人なのです。

 

その貧乏人からたくさん税金を取って、金持ちから少ししか取らないなんて、全くナンセンスな政策です。

 

金持ち優遇、貧乏人にはますます厳しい世の中です。

 

さてもう一つ話題は変わって、また目の症状です。

 

相変わらず、結膜弛緩症の症状も気になり、これはもう手術しかないかなと思っている今日この頃ですが、昨日から悪い方の右目に、また別の症状が現れました。

 

今度は目の表面ではなく、網膜の異常です。

 

見え方がおかしいのです。視野の中心よりやや下に、グレーの影というかシミのようなものが見えるのです。

 

実はこの症状も今回が初めてではなく、以前から時々なっていた症状です。ほかっておけば、自然に治るのであまり気にしていませんでしたが、今回久しぶりになりました。

 

前は眼科で相談したか、それとも自然に消えてしまうので、何も言っていなかったかどうか、記憶が定かではありませんが、その後も眼科は定期的に通院して、眼底検査を受けていますので、おそらく一時的なもので、問題ないのだと思います。

 

ただ昨日の夜症状が出て、治ったので安心していたら、今日また同じところに同じように影が現れました。

 

1、2時間ほどで消えてなくなったので、今は大丈夫ですが、もしこれが頻繁にあるようだと、また心配になってきます。

 

重大な問題ではないのかもしれませんが、一時的にせよ、とにかく網膜に何らかの異変が起きているには違いないと思います。

 

そして私の目の病気は、今まで様々ありましたが、症状が出るのはすべて右目です。

 

本当に不思議ですが、目の表面の病気も、網膜の病気も、いつも決まって悪くなるのは右目で、左目は何ともないのです。

 

視力も右は悪く0.5で、左は1.2と問題ありません。

 

目は2つあるからいいとは言うものの、どうして片方だけ悪くなるのでしょうか。不思議です。

 

とにかく前立腺の症状が落ち着いたと思ったら、今度は目の症状がやたらと気になるようになってしまいました。

 

やっぱり私は健康運には恵まれていないようです。

 

金運はいいと思います。

 

株は下げても、また戻りますから心配いりません。

 

でも健康は大事です。体は1つしかなく、代わりがききませんからね。

 

健康な人が本当に羨ましいです。私も健康になりたいです。

 

それではまた。