50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は土用の丑です

こんにちは、まるぞーです。

 

今日は土用の丑だそうです。

 

私も昼食に鰻をいただきました。

f:id:maruzokun:20200721121009j:plain

またしても例の、ドンキホーテヨーロッパウナギです。

 

このボリュームで、1人前350円ですから、本当に安いです。

 

先日、実家の近くのスーパーでウナギを見ましたが、やはり中国産でも、1尾1400円、国産の特大サイズは3000円もしました。

 

中国産を買っても、ドンキ鰻の倍の値段です。おまけに大きさはほとんど半分くらいの小ささですから、実質は4倍高いです。

 

しかも見るからにおいしそうではなく、絶対にドンキ鰻の方がおいしいですから、もう鰻はドンキ以外考えられません。

 

しかし贅沢ですよね。ほんとにここ最近、頻繁にウナギを食べています。安いからいいものの、やはりあまり頻繁に食べると、ありがたみがなくなって、食べたときの感動がだんだんとなくなっていきます。

 

それは残念ですが、それでも今日もまた、やっぱりおいしかったです。ほんと肉厚で、すごいボリューミーです。

 

さてウナギの話はこれで終わりますが、今日の朝から、まためまいがしています。

 

自宅まで来たのはいいですが、階段を上るときにも、足がふらついて、まっすぐ登れませんでした。

 

じっと立っていることさえできないくらい気持ちが悪くなり、しばらく寝ていました。

 

今は治まって、それでご飯を炊いて、ウナギも食べたのですが、まだ少し頭痛がしています。

 

めまいも一旦治って、最近はずっとよかったのですが、またぶり返してしまいました。

 

一体何が悪いのでしょうか。脳の検査をしなくても大丈夫でしょうか。また不安になってきました。

 

確かに睡眠がよくないというのもあります。

 

昨夜も4時に目が覚めてからは、全く眠ることができず、結局4時からそのまま起きています。

 

昨日は暑かったので、エアコンをつけっぱなしで寝ました。室温は暑くも寒くもなく快適だったので、暑さのせいではないはずです。

 

急に暑くなったので、体が適応できず、また自律神経が乱れているのでしょうか。

 

よくわかりませんが、とにかくデリケートな体です。

 

もう何年も、今日は体調がいいという日がほとんどありません。

 

年がら年中悪いところがあって、ずっと症状に苦しんでいます。

 

ほんとに辛いです。

 

 

おとといでしたっけ、三浦春馬さんが急死したという衝撃のニュースが流れました。

 

おそらく自殺だそうで、遺書らしきメモが残っているそうですが、実際何が悩みだったのか、なぜ死ななければならなかったかは、全く分からないようです。

 

私もうつ病で苦しみ、一時は死ぬことも考えたことがありますので、自殺する人の気持ちがわからないでもありません。

 

でも私は考えたことはあっても、実際に行動に移したことはありません。

 

実際に行動に移すことと、ただ考えることの間には、大きな隔たりがあると思います。

 

私の場合、悩みは仕事上の悩みでしたが、会社に行くのをやめること、つまり現実から逃げることで生き延びられました。

 

まだ死ぬという選択肢はありませんでした。

 

会社に行くのをやめて、仕事上の人間関係から逃げ、自ら精神科に助けを求めて駆け込みました。

 

私はそれでよかったと思っています。

 

もし逃げずに現実と向き合い戦っていたら、今頃命がなかったかもしれません。

 

ただ私はそれによってプライドをなくしました。プライドを捨てて逃げたことで、私はそれまで持っていたあらゆるものを失い、全くのクズ人間になってしまいました。

 

でも自分がクズであることを許し、それを受け入れたことで、今でも生き続けています。

 

三浦春馬さんが何を悩んでいたのか、どんな問題を抱えていたのかわかりませんが、もしかしたら、彼はプライドが高かったのかもしれません。

 

そしてプライドを捨てられなかった、あるいは生きて逃げるという選択肢がなかったのかもしれません。

 

ですから現実が耐えられなくなったときに、自死という方法でしか逃げられなかったのかもしれません。

 

それにしても、死ぬほどつらい悩みを、誰にも相談することなく、どこかに書くということもせず、ずっと自分の心の中に抱えていたのだとしたら、私にはまねのできないことです。

 

やはり人というのは、人それぞれだなあと思いました。

 

私だったら、誰にも言わず、1人で抱えることなんてできません。

 

逆に言えば、だから私は死なずに済んだと言えるのかもしれません。

 

誰にも言えず、ずっと自分一人で抱えていたら、やはり死ぬという行動に出てしまうのかもしれません。

 

よく周りが気付いてあげられなかったとか言いますが、私が思うに、助けてくれる人なんて誰もいないと思います。

 

どんなに親しい人だって、所詮は他人事です。たとえ親や家族であっても、自分から言わないと、向こうから歩み寄ってはくれないのが普通ではないかと思います。

 

心を閉ざすということも、もうすでに病気の症状だと思いますので、本当にただただ残念としか言いようがありません。

 

私は私で、どんなにみじめだろうと生きていきますよ。

 

ただ生き残った人と、死んでしまった人、どちらが幸せかということは、一概には言えないのではないかと思います。

 

それではまた。