50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テニスサークルを探しています

こんにちは、まるぞーです。

 

先日、以前から考えていたテニスのサークルに入ろうかと思い、ネットで調べてみました。

 

地元のテニスサークルの一覧を見て、よさそうなところに連絡を取ろうと試みましたが、そのサイトが相当古いものだったようで、表記されているサークルのホームページもなくなっていましたし、連絡先と書いてあるメールアドレスにメールを送ってみましたが、送信できませんでした。

 

その一覧自体が相当古い情報のようだったので、それは諦めて、もう一度新たにテニスサークルで検索してみました。

 

ジモティーというところでいろんなテニスサークルを紹介していましたが、よく見ると参加年齢に制限があり、なんと多くのサークルが、20~30歳となっていました。

 

30歳までとは若すぎますよね。いったいどうしてそんなに年齢を低く限定するのでしょうか。

 

ちょっと高めのものでも、最高で40歳まででした。そして私の行ける近郊のエリアでは、全くありませんでした。

 

そこで今度は50代、テニスサークルで検索してみると、もうそれはシニアの部になるんですね。

 

あるにはありましたが、やはり数が少なく、私の行けるエリアには一つもありませんでした。

 

それにしても40オーバーでもうシニアだなんて、ちょっと悲しくなります。

 

なんだか年齢で差別されているようで嫌な気持ちになりました。

 

せっかく体調も良くなって、もちろんコロナが収束してからですが、ワクチンも2回打ったことだし、そろそろテニスでも始めようかとやる気が出てきた矢先でしたが、また出鼻をくじかれました。

 

まあ仕方ないので、テニスサークルはいったん保留です。

 

もちろん今でもやる気はありますが、もうこれ以上血眼になってネットで探すのは辞めておきます。

 

また厳しい現実を思い知らされました。

 

どうして20~30歳限定のサークルばかりなのでしょうか。

 

むしろ中高年の方が暇な人多いと思うんですけど。

 

そういう人はどこでスポーツをやっているのでしょうか。

 

そもそも私は年齢で分けてほしくないんです。

 

別に真剣勝負の試合をするわけじゃあるまいし、遊びでやるのだから、世代が違う人が一緒にやったっていいじゃないですか。

 

若い人はおじさん、おばさんを排除したいのでしょうか。

 

仕方ないのでテニスはいったん諦めて、50代、テニスサークルで検索した中に、一つ気になるサイトがあったので見てみました。

 

見出しにはシニアサークルと書いてあり、50代、60代、70代の恋活・・・・と書いてありました。

 

私は恋活には興味はありませんが、テニスサークルに入る理由も、単にテニスがやりたいからというだけではなく、友達が作りたいからです。

 

以前入っていたショートテニスのクラブは、平均年齢70歳の老人クラブで、おまけに市のスポーツ振興会が絡んでいて、小学校の体育館を貸してもらえる代わりに、役員の仕事があって、それを私に押し付けられたので、1年やりましたが、人間関係とその役職仕事がどうにも耐えられずに辞めてしまいました。

 

なかなか私が思うような、理想的なサークルには出会えません。

 

ですから別にテニスでなくても、同世代の人と交流ができ、友達が作れるような環境があれば、喜んで参加したいと思っています。

 

それでそのサイトを覗いてみましたが、どうやらお見合いパーティーのような感じでした。

 

シニアサークル名古屋|社会人50代・60代・70代の恋活・婚活活動・出会いの場所

 

一番多いのがお酒を伴う会食やパーティーですが、入会金、年会費は無料で、イベント参加ごとにその料金を払えばよいというものでした。

 

参加する条件は独身であることとありました。

 

私はちょっと気になって、参加してみようかなと思いました。

 

ただ詳しく読んでみて、特に参加者の口コミを見たら、大体その実態がわかってきました。

 

まず参加費が高いということです。

 

あるパーティーの例を見ると、男性は7000円、女性は3500円ということですが、男性の方が高い料金を払わされるのは、この手のお見合いパーティーにありがちなことで、男女平等主義の私はこれが気に入りません。

 

そして口コミを見ると、多くの人が料金に対して料理がしょぼいと言っていました。

 

つまり、ash. というこの主催者が、相当な額をピンハネしているということです。

 

要は婚活や恋活?を商品にしたビジネス、金儲けということのようです。

 

そのほかの口コミを見ても、ろくな女性がいないとか、ろくな男性がいないとか、常連が仕切って、なかなかいい出会いもなく、ぼったくりだとか、2度と参加しないといった声が多く聞かれ、あまりよかったという好意的な口コミは見られませんでした。

 

やっぱりこれが現実なんでしょうかねえ。

 

私は女性よりむしろ男性(ゲイではありませんよ)、結婚は考えていませんので友達が欲しいのですが、ただでさえコミュニケーションが苦手な私には難しそうです。

 

第一みんなパートナーを探しに来ているとしたら、そもそも目的が違いますから、私もそういう目で見られるでしょうし、実際結婚の対象として私を見たら、見た目はまあ並み以下だとしても、ぎりぎりセーフかもしれませんが、なにせ無職です。

 

サイトを見ても、女性が気にするのは相手の年収だと書いてありましたから、私が正直に今の仕事の年収を言った日には、ドン引きされるにきまってます。

 

まさか投資をやっていて、資産がこれだけあるなんてことは言えませんし、絶対に言うべきではありません。

 

資産目当てに寄ってくる人なんかと付き合ったら、ろくなことはありませんからね。これは危険です。

 

ですからおそらくそんなパーティーに参加しても、きっと楽しくないでしょうし、何も収穫はないと思います。

 

それでも入会金や年会費を取られるのでなければ、1回くらい参加してみてもいいかもしれません。

 

百聞は一見に如かずです。

 

1回の参加費7000円だけなら、失敗してもたかが知れています。

 

参加してみてダメだったらそれで辞めて、2度と参加しなければいいだけです。

 

飲み会がメインですが、バーベキューやハイキングなどの体験型もあります。

 

友達なんてできなくて元々、あまり個人情報を漏らすのは危険ですので、それだけは気をつけて、時には嘘でもついて慎重に行えば、そんなに大けがすることもないんじゃないでしょうか。

 

この先一生家に引きこもって、誰とも会話しない生活も、考えただけでぞっとしてしまいます。

 

やはり私は誰かと関わりたいというか、完全な孤独は嫌です。

 

ですからこれも急ぎはしませんが、コロナが収束したら、他のものもいろいろ調べたうえで、この手のサービスにも参加してみようかなと思います。

 

とりあえず今は情報収集、勉強です。

 

何事もよく検討して慎重に行きます。石橋は叩いて渡れです。

 

渡ってみなければ何も始まりませんからね。

 

それではまた。