50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前立腺肥大が進行しているようです

こんにちは、まるぞーです。

 

ブログの更新がなかなかできません。

 

先日も書いたように、体調がますます悪く、精神的に相当参っています。

 

何もする気になれず、生きているのが嫌になり、ただただ悩んで、心の中で泣き続けています。

 

ブログを書く気にもなれませんでしたが、今ようやく重い腰を上げて書いています。

 

何が辛いかと言うと、前立腺の症状です。

 

腰痛も依然としてまだありますが、日によって良かったり悪かったりはあるものの、ようやく少しずつ良くなってきた感じです。

 

ただしまだ長時間の歩行は出来ず、仕事もずっと休んで、家で安静にしています。

 

ところが腰はだんだん良くなってきたものの、前立腺の症状が全く良くなりません。

 

慢性前立腺炎の症状なのですが、それだけでなく、おしっこの出にくさが非常に気になります。

 

おしっこの勢いがないというか、時間がかかり、お腹に力を入れないと勢いがなく、最後の方で途中で止まってしまいます。

 

それから何度もお腹に力を入れて、2、3回いきんで、やっと最後まで出し切ることができます。

 

これはどう考えても前立腺肥大の症状ですし、それがたまたまではなく、この所毎回そうで、ものすごく不安になり、それでノイローゼになってしまいました。

 

まだ泌尿器科に行ったばかりで、その時は腰の痛みが気になって、泌尿器のことは面倒なので何も言わず、ただ薬だけもらってきましたが、次回の診察で、尿の勢いの検査をすると言われました。

 

結果によっては、また手術という言葉が出てくるかもしれません。

 

とにかく私は、その手術という言葉が怖くてたまりません。

 

でもこれは年々進行していき、いずれは手術をしなければならなくなる病気ですから、いい加減に観念しなければいけないと分かってはいるのですが、とにかく手術が怖いのです。

 

場所が場所だけに本当に憂鬱です。どんな手術も怖くて嫌ですが、前立腺は一番嫌です。

 

すごくデリケートな場所なので、術前の内視鏡検査も嫌ですし、術後の後遺症も嫌です。

 

何とか回避したいものですが、そうはいかないようです。

 

まだこの若さでこんな状態ですから、手術になるのは時間の問題です。

 

 

それでも手術をしてしまったら、おしっこが気持ちよく出るようになって、この悩みから解放されるのでしょうか。

 

それならいいですけど。

 

まだ癌よりはましだと自分に言い聞かせているのですが、それでも嫌なものは嫌、怖いものは怖いです。

 

毎日何もできず、ただ生きているだけで、本当に私は何のために生きているのだろうと、悲しくもあり、情けなくもあり、自分が本当に嫌になります。

 

こんな愚痴ばかりブログに書いてもどうしようもないことはわかっていますが、かといってほかには何も書くことができず、仕方ないので今の私の気持ちを正直に書くとこうなります。

 

この暗闇から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。

 

もう投信なんてどうでも良いと思えてきます。

 

それではまた。