50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

会社の元同僚が転職していました

 

こんにちは、まるぞーです。

 

先日何気なく届いた通知により、私が辞めた会社の元同僚が、転職していたという事実を知りました。

 

もちろん辞めてから一切連絡も取っていない相手ですので、本人から直接聞いたわけではありませんが、ある通知によりそのことを知りました。

 

すみません、身バレが怖いので、元会社の同僚の事ともなると、なかなか具体的なことが書けません。

 

とても抽象的な内容になってしまい、何が何だか分からないと言われるかもしれませんが、何とぞお許し下さい。

 

さてその元同僚ですが、特に仲が良かったという訳ではありませんが、敵味方で言えば味方の方で、私と年も近く、同期入社でしたので、一緒に仕事をし、周知の間柄でした。

 

色々お世話にもなりましたし、私が迷惑をかけて、いまだに心苦しく思っているところもあります。

 

「敵味方で言えば」という表現を使ったのは、私が辞める前の会社の私のいた部署は、まさに敵味方に分かれた、人の蹴落とし合いと仕事の擦り付け合いの、戦争状態にありました。

 

会社の経営がうまく行っていなかったのが、そもそもの問題の発端でしたが、改革派と保守派の間で対立が起き、喧々諤々と連日会議をやっていました。

 

彼はいわば私と同じ派閥の同士でしたが、態度をあいまいにしてどちらともはっきりしない私に対して、彼は矢面に立たされて大変な仕事をしていました。

 

仕事の質量ともに、彼の方が私よりはるかに大変で、体を壊してもおかしくないレベルでしたが、彼は心身ともに強く、メンタルの弱い私の方が標的にされて、一斉に攻撃され、精神を病んでしまいました。

 

そこから先はすでに何度もこのブログで書いているように、結果私は退職を余儀なくされ、晴れて無職となりました。

 

彼も仕事はきつくてつらかったはずですが、辞めるわけにはいきません。生活があります。

 

その彼が、今年度から全く別の会社に転職していたのです。

 

同業種ですが、栄転です。

 

つまり同業他社に引き抜かれたと言うか、おそらくは何らかのコネがあったか、とにかく自分から売り込んだに違いありませんが、彼にとっては嫌な会社を辞められて、もっと条件の良い、また安定していてやりがいのある所へ転職できたわけです。

 

彼にとってはめでたしめでたしです。

 

私から見ると、ちょっとうらやましくもありますが、でも転職するまでのこの数年間の忍耐を考えると、頭が下がり、「ほんとによかったね、おめでとう」と素直に祝福してあげたい気分です。

 

彼の転職を知ったので、前の会社のことが気になって、辞めてから初めてですが、ネットで調べてみました。

 

会社のホームページから、私が元いた部署のページへ飛び、そこのブログなども見ました。

 

するといろいろなことがわかりました。

 

まず私の知っている元部下や同僚や上司が、当然ながら今どんなポストで、どこの部署で仕事をしているかということ、それから新たに入った私の知らない人、そして他の部署から移ってきた、私は知ってはいるが話したこともなく面識のない人。

 

そして会社の経営状態が、前にもましてさらに悪化していることが見て取れました。

 

そこで私は、もし今私がここにいたらどうだろうと想像してみると、それは辞める前以上に過酷で、想像を絶する厳しい職場環境が容易に想像できました。

 

そこで改めて、「ああ、あの時辞めておいてよかった」と心から思いました。

 

私が最初に勤めて辞めた会社は、後に元同僚と会った時に様子を聞くと、「後にも先にもまるぞーさんのいた時ほど大変なことはない。いや~、あの頃はほんと大変だったよ。今は平和でいいよ。」などと言われてしまい、辞めたことをちょっと悔んだりしたものでした。

 

ところが今回は違います。

 

つくづく早く辞めておいてよかったと思いました。

 

今の状況は、直接当事者に聞いたわけではありませんが、ネットから収集した情報だけでも容易に想像できます。

 

まず経営が非常に困難なことは、人員の削減で分かります。

 

辞めた人間の分の、人的な補充が全くされていないのです。

 

よって、例えば今まで5人でやっていた仕事を2人でやらなければなりません。

 

正規雇用ばかりで現場を回しているので、正社員の負担増はすごいものがあります。

 

正社員はみんな役職を任され、大きな責任を負います。

 

正社員にしかできない仕事がいっぱいあり、非正規雇用者を使うのも、なかなかに大変な仕事です。

 

今まで要領よく人にやらせて、責任逃れしたり、仕事から逃げてサボっていた人も、もうそんなことは許されない状況でしょう。

 

私をいじめ抜いて、退職に追いやった張本人も、今はヒイヒイ言って仕事しているに違いありません。

 

ざまあみろ!です。

 

人の不幸を喜ぶなんて、私はなんとも情けない嫌な奴ですが、仕方ありません。

 

それくらい私は苦汁をなめさせられてきたのです。

 

ですから今会社に残っている元部下、同僚、上司は本当にお気の毒様、ご愁傷さまです。

 

気の毒な人もいますが、何人かは私をいじめたり、私に仕事や責任を押し付けて、自分だけうまい汁を吸っていた、にっくき連中です。

 

本当にいい気味です。

 

この事実を知って、ちょっと私は気分がよく、晴れやかな気持ちになりました。

 

どうぞこんな私を軽蔑してください。

 

でもこれが私の素直で正直な、今の気持ちなのです。

 

私は直接は仕返しができませんが、いまだに恨みを持っています。

 

にっくき人間が不幸になるとうれしいものです。

 

さあ、私は、「やめて正解だったんだ、私は幸せなんだ」と自分に言い聞かせて、前向きに生きていきましょう。

 

それではまた。