50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

がん検診に行ってきました

こんにちは、まるぞーです。

 

今日はがん検診に行ってきました。

 

市のやっている健診で、胃のバリウム検査と便潜血の検査です。

 

セミリタイアする前は毎年会社の健康診断がありましたが、会社を辞めてからは検診がありませんので、胃がんと大腸がんの検査だけは、毎年市の検診に申し込んでやっていました。

 

ところが昨年は広報をいつも見ていたつもりなのに、なぜか検診の案内を見落としてしまい、受けていませんでした。

 

それで今年は応報に案内が載る前から市の健康センターに電話して、検診がいつあるのか聞き、受け付け開始と同時に申し込みました。

 

電話した際に、私はずっと広報を見ていたのに去年は案内が載っていなかったと主張したのですが、先方は昨年もちゃんと実施され、案内も載っていたと言います。

 

私もだいぶボケてきたというか、いろいろ見落としや間違いが多くなり、自分ではちゃんと見ているつもりでも実際はそうでなかったのでしょう。

 

だんだんと自分が信じられなくなってきました。

 

仕事でもほんとミスが多くて、自分ではよく注意して絶対に間違えないようにやっているつもりなのですが、実際は間違えているようです。

 

自覚症状がなく、悲しい限りですが、まだ55歳という若さですが、年齢以上に脳もだいぶ衰えているようです。

 

話を戻しますが、2年ぶりなので今年はなんとしても受診しなければなりませんでしたので、まずは無事検診を終えてほっとしました。

 

値段は胃がんが1000円で、大腸がんが500円ですが、大腸がんの方は事前に無料クーポンが送られてきていたので(50歳、55歳と5年に1度送られてくるようです)、支払いは1000円だけで済みました。

 

便は2日分事前に採っていましたので、それを持っていくだけ、後は昨日の夜以降何も飲み食いせずに、朝行ってバリウム検査を受けました。

 

バリウムは後がちょっと嫌ですが、それでも他のいろいろな検査に比べたら全然楽です。

 

ただし結果が怖いです。胃にしろ大腸にせよ、もし検査で陽性か要精密検査と出たら、今度は内視鏡検査です。

 

それは嫌ですし、第一もしかしたら癌かもしれないと思うだけで、また精神を病みそうです。

 

いつも結果の封筒を開ける時は緊張してドキドキしますが、今まではずっと異常なしで胸をなでおろしていました。

 

今回も異常なしであるよう心から祈ります。

 

さて今日はそのイベントがあっただけで、それ以降は家でゴロゴロ寝ているだけです。

 

今日は仕事が休みですが、もう今から明日の仕事が嫌でたまりません。

 

でも辞めてしまったら、今日のように家でごろごろするだけの生活かと思うと、それも辛いものがあります。

 

私は本当に意志が弱いので、強制されないと自分からどこかへ出かけたり、ましてや運動しようなどとしないので、結局毎日寝ているだけの生活になります。

 

今日のように暑い日だと、部屋の中で1日中エアコンをつけていますし、光熱費もばか高くなってしまいます。

 

本当にいいことなしです。

 

それでももう仕事は辞めたいので、今度無職になったら、真剣に生活習慣について考えましょう。

 

今はまだ仕事をしているので、休みの日はゴロゴロでも許されると、自分に甘い私でした。

 

さて明後日はいよいよ東京オリンピックの開会式ですが、実はもうオリンピックは始まっているんですよね。

 

今日は午前中からソフトボールの試合をテレビで見ました。

 

最初は1対1の接戦でしたが、途中から日本がホームラン攻勢で、結局コールドゲームとなりました。

 

日本としてはすべての競技を通して最初の試合でしたが、快勝で最高のスタートとなりました。

 

今回のオリンピックは無観客の上、パブリックビューイングも中止ですから、みんなテレビで見ることとなり、そういう意味では私も完全にオリンピックの観戦としては最高の観戦方法で見ることができると、いつもと同じなのに、なんだか優越感を感じてしまいます。

 

私は日本が勝てばうれしくて何度も見ますが、負けると途端に嫌になってテレビを消してしまうようなエセファンですが、それでもオリンピックは楽しみです。

 

セミリタイアして時間が有り余っている引きこもりには、最高の娯楽です。

 

しかも無料で堪能できる娯楽だというのがいいですね。

 

仮に有観客だったとしても、私は絶対に高いお金を払って見に行くような人間ではありません。

 

観戦はテレビのみです。

 

日本はいくつ金メダルを取れるでしょうか。今から楽しみです。

 

そういえば音楽担当の小山田さんが過去のいじめ問題で辞任しましたね。

 

開会式4日前のドタバタ劇でしたが、本当に今回のオリンピックは受難続きですね。

 

それでも私は辞任してくれてよかったと思います。

 

私も中学時代、少しいじめられた口ですので、今回の報道を見て気分が悪く、こんな人の作った音楽を開会式で聴きたくはないと思っていましたから、辞任は歓迎です。

 

内容の記事を読むと本当に悲惨な状態で、でもそういえば私の中学時代も、私はそこまでのいじめには合っていませんでしたが、やはりクラスの知的障害のある生徒に対しては、全く同様のいじめがされていましたので、嫌な記憶がよみがえってきて、とても他人ごとや、何十年も前のことだと聞き流せませんでした。

 

いくら昔のことだと言っても、人間性ってそう簡単に変わるものではないと思います。

 

私はこの小山田という人を、これから先もずっとそういう目で見てしまいます。

 

もし今回のように問題視されなかったら、彼は絶対に自ら反省するような人間ではないと確信します。

 

私はいつもいじめられる側でしたから、いじめる側の気持ちはよくわかりませんが、絶対に理解することはできません。

 

世の中の人間は2種類だと思います。いじめる側といじめられる側、時々立場が入れ替わることもありますが、たいていはいじめる人はいつもいじめる人、逆に私はいつもいじめられる人でした。

 

いじめのニュースはいつ聞いても、一番気分が滅入ります。

 

この世からいじめと戦争がなくなればいいと願いますが、おそらく絶対になくならないと思います。

 

悲しいかなそれが人間の特性なのでしょう。

 

小山田さんのニュースを見て、いじめを辞める中高生が増えてくれるといいんですけどね。

 

そういう意味でもいじめは厳罰に処した方がいいと思います。

 

私は性善説は嫌いです。人間は性悪説が真実だと思っていますから。

 

それではまた。