50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

GoToイートは、もう打ち切りだそうです

こんにちは、まるぞーです。

 

昨日、仕事から帰ってきてネットを見たら、いきなりとんでもないニュースが出ていてびっくりしました。

 

www.msn.com

って、おいおいそれはないでしょう。

 

だって1月末までって言ってたじゃないですか。予算がなくなったら直ちに終了するっていうルールだったんですか?

 

私が知らなかっただけですか?

 

なんとも腑に落ちず、納得できません。

 

news.yahoo.co.jp

 近日中に予算の616億円に達する見込みで早ければ今週末にもポイント付きの新たな予約ができなくなるということだ。(ANNニュース)

え、今週末って、もう今日明日じゃないですか。

 

あまりに急すぎますよ。

 

考えてみたら、GOTOトラベルも見切り発車でしたし、政府のコロナ対策キャンペーンは、みんな問題だらけの無茶なものばかりでした。

 

しかし私もようやくGoToイートが使えるようになって、さあこれからだという時に、あんまりじゃあないですか。

 

かっぱ寿司ではじめて夜の部にもデビューして、1100円食べて、1000円ポイントでもらえるので、これで私も無限ループができると喜んだ矢先、まさに寝耳に水のニュースです。

 

まだ私、1度も1000ポイントもらってませんから。 

 

夜の部も何回か食べに行きましたが、全部自腹で払っています。ポイントが使えるようになるのは来週からかなあと、楽しみにしていたのに、もう終了?

 

いきなりステーキならぬ、いきなり終了のGoToイートは、いい加減頭に来ますよ。

 

予算がなくなったって、そりゃああんた、1000円の飲食に1000ポイントも返す大盤振る舞いして、しかも回数制限もなく無限ループを許したりなんかしたら、ネットの情報強者は、あっという間に群がってかっさらっていきますよ。

 

予算がなくなるのは、制度に問題があるからでしょう。

 

そして打ち切るにしても、周知が遅すぎますよ。もっと前もっていついつ終了しますってアナウンスしてくれないと、こっちも計画がありますから。

 

もうとにかく政府に対する不信感がまた増してしまいました。

 

もう何を信じていいやらわかりません。

 

私もこれはいかんと思い、とにかく今すぐにできるだけ予約を入れておこうと思い、ホットペッパーグルメのページから、かっぱ寿司を予約しようとしたら、なんと11月はすでに満席、おまけに12月も中旬以降しか予約ができなくなっているじゃないですか。

 

さすがネット民は行動が早いです。

 

私にはとても追いつけません。

 

しかもその12月中旬の予約でさえ、取ろうと思ったら、ネットが混雑しているためか、システムエラーが発生してしまい、なかなか予約できない始末です。

 

こりゃあもうあかんわ。

 

もうお手上げです。

 

それでも何とか取れるだけの予約を取りましたが、よく考えたら、この間全部自腹で払って、しかももらえるポイントは期間限定ポイントですから、おそらくは3月いっぱいまでに使わないといけないんでしょう。

 

それだと結局頻繁に外食をして、なんだかんだで結構な出費になってしまうじゃあないですか。

 

錬金術で食費を節約するはずが、かえって外食続きで、お金をたくさん使う羽目になってしまったら、本末転倒じゃあないですか。

 

よく考えたら、これ以上予約を入れるのはバカらしいことがわかってきました。

 

使えるポイントがないのにこれ以上外食してお金を使ったら、いくらポイントで返ってきても、何の得にもなりません。

 

結局は食費をたくさん使ってしまうことになってしまいました。

 

やっぱり欲張ってはいけませんね。

 

私もちょっと反省します。

 

でも政府は恨みますよ。

 

なんだか詐欺にでもあった気分です。

 

人を喜ばすだけ喜ばしておいて、いいように動かされて、お金を使わされてしまったようです。

 

もうこりごりです。

 

GoToイートは、もうおしまいにします。

 

後は帰ってくるポイントを期限内に使い切ることに、精いっぱい頑張らねばなりません。

 

とんだお騒がせでした。

 

これからは静かに自炊します。

 

やっぱりお金はどんなことがあろうと、出来るだけケチって使わないのが一番でした。

 

錬金術などありません。

 

それではまた。