50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

父が医者に行きたがりません

こんにちは、まるぞーです。

 

昨日の続きです。

 

父が倒れてから2日目の朝ですが、だいじょうぶそうで、1人で歩いてトイレにも行っています。

 

それでもあんなことがあったので、医者に行って見てもらった方がいいと思うのですが、父はもう治ったから医者には行かないと言って聞きません。

 

何度も言いますが、父は本当に頑固な性格で、いくらこちらが説得しようとしても、自分で嫌だと言ったら頑として聞きません。

 

医者に行くのは絶対嫌だと言っています。

 

もし医者に行くのなら私が連れて行くところですが、母も父が嫌だというのなら仕方ないと言って諦めました。

 

母が妹に電話して相談したところ、妹の娘、つまり私の姪が看護師をしていて、その姪が言うには、やはり父の症状は脳梗塞に違いないとのことです。

 

姪によれば、腰が抜けたときには脳の血管が一部詰まったけれど、一晩で一旦血液が流れるようになったので、症状は治まったが、またしばらくしてからもっと大きな症状が現れるそうです。

 

とにかく医者に行って検査をするべきだというのです。

 

ところが父はその検査が嫌なようです。

 

おまけに医者から処方されている脳梗塞や血圧の薬など、しばらく前から薬も飲むのも辞めてしまい、医者にもずっと行っていないそうなのです。

 

母親が言うには、自分がもし父の立場だったら、私もそう思う、だから医者に行きたくないという父の気持ちもわかるというのです。

 

父も母も同じように口をそろえて、もう私は年だから、もし癌になっても検査も治療もしなくてそのままにしておいてもらいたい、もういつ死んでもいいと言うのです。

 

今回母が癌の疑いと診断されたときも、始めは母も検査が嫌だと言いましたが、私が説得して何とか納得させ病院に連れて行きましたが、いまだに母はもう年だからいつ死んでもいいと言います。

 

そして父ももう死んでもいいから、本人の好きにしてやろうというのです。

 

私はどうにも納得がいきませんが、昨日寝るときにずっと考え込んでしまいました。

 

もう死んでもいい、病院でいろんな検査をしたり治療をするのは嫌だ、その考えってどうなんでしょうか。

 

父や母がいくら死んでもいいと言っても、私は嫌です。

 

もう治らない病気なら仕方ありませんが、まだ元気で意識もちゃんとしているんです。

 

悪いところがあるなら、ちゃんと医者に行って検査をして、治療が必要なら治療して、

治るんなら治して、まだまだ長生きしてほしいです。

 

でも父や母の人生は父と母のものですから、本人がもう治療はしたくない、死にたいと言ったら、そうさせてあげた方がいいのでしょうか。

 

父と母の命は父と母のものだから、本人の好きにしていいのでしょうか。

 

私はわからなくなりました。

 

でも今父と母に死なれたら私が困ります。

 

もっと生きたいと思っても叶わないこともあります。父も母もいつかは亡くなります。

 

でももし治るんだったら、治療にベストを尽くすべきではないでしょうか。

 

検査が辛い、入院が嫌だ、手術が嫌だと言って、まだ本当なら生きられるのに、自らの意志で命を絶ってもいいのでしょうか。

 

それは緩やかな自殺と同じことではないでしょうか。

 

でも父と母にとって何が一番幸せなのでしょうか。

 

長生きすることが幸せとは限らないのでしょうか。

 

考えれば考えるほど疑問がわいて、わからなくなってきます。

 

いったい私はどうしたらいいのか、無理やりでも父を病院へ連れて行くべきなのか、父の好きにさせてやるべきなのか、正直今はわかりません。

 

ただ私は病院へ行ってほしいと願っています。

 

母に頼んで、医者から処方されている薬だけは、昨日からまた飲ませるようにしてもらいました。

 

それさえ飲まないというのは、やっぱり自殺行為に等しいと思います。

 

もっと生きたくたって生きられない人もいっぱいいるのです。

 

父も母もまだ寝たきりではありません。

 

やっぱり私は、悪いところがあれば医者に行って、ちゃんと検査をして治療するべきだと思います。

 

ただ無理やり連れて行くということはできませんから、根気強く父を説得していこうと思います。

 

そしてもしまた体調が急変しておかしくなったら、その時は父の意思に関係なく救急車を呼ぼうと思います。

 

そして母にはちゃんと検査を受け、万が一癌と診断されたら、ちゃんと入院して手術だろうが何だろうが、ちゃんと治療を受けさせます。

 

生かされた命はちゃんと生きるべきです。

 

そして私のためにも、両親にはまだまだ元気で長生きしてもらいたいです。

 

それではまた。