50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイ料理を食べてきました

こんにちは、まるぞーです。

 

昨日はまた中部電力MIRAI TOWERのある久屋大通公園に行ってきました。

 

昨日の目的は、以前から気になっていたタイ料理のレストランでランチを食べることでした。

 

タイ国政府認定レストランと書いてある、スコンターという店です。

 

f:id:maruzokun:20211125170800j:plain

 

平日のランチだというのに、すごく混んでいました。

 

f:id:maruzokun:20211125171113j:plain

 

少し待って席に案内されました。天気は良かったのですが、さすがにもう肌寒かったので、テラス席はやめて、店内にしました。

 

そしてオーダーしたメニューは、以前から気になって一度食べてみたいと思っていた、ソフトシェルクラブのカレー炒めランチです。

 

f:id:maruzokun:20211125171018j:plain

 

ソフトシェルクラブというのは、脱皮したてのカニのことで、甲羅が柔らかいので、剝かずに丸ごと食べられるというものです。

 

タイ料理自体もちろん初めてではありませんが、しばらく食べていなかったので、本当に久しぶりでした。

 

それがこちらの写真ですが、写真だとサイズ感がわからず、すごく豪華でおいしそうに見えますが、料理が来た時の第一印象は、「えっ、カニが小さい」というものでした。

 

値段は税込みで1800円以上と、結構お高く、私にとってはかなりの贅沢ですが、写真で見た印象では、毛ガニくらいかなと思っていたカニが、思ったより小さいのです。

 

わかりやすく言うと、カレーの器が、いわゆるインドカレーレストランで出されるサイズで、それと比べるとご飯も小盛りだし、サラダもすごく小さくて、カニは10cmちょっとくらいの大きさです。

 

わかってもらえたでしょうか。決して大きくなく、いつも大盛りを食べる私には、ちょっと少ない量で、腹いっぱいにはなりませんでした。

 

そして味ですが、普通みんなSNSにあげる時は、決まって超おいしかったとか書くんでしょうが、私は嘘偽りのない感想を書きます。

 

外食は何でもおいしいとは限りません。

 

カニは唐揚げで塩味はついていましたが、特別おいしいとは思いませんでした。

 

カレーをつけて食べるのかと思い、カレーと一緒に食べてみましたが、そのカレーが全然辛くなくて、カレーの味がしないばかりか、やたらと甘くて、エッグカレーということでしたが、決しておいしいとは思いませんでした。

 

私はタイ料理だから、もっとスパイシーで、タイ料理独特の香辛料の利いたソースを想像していましたが、これのどこがタイ料理?という感じで、全然エスニックでもなんでもなく、ただの甘いカレー?みたいなものと、塩味のついたカニのから揚げでした。

 

こんなの大しておいしくはありません。別にまずいというほどでもありませんが、1800円も出して、はっきり言って大失敗でした。

 

まあ食べてみないと味はわかりませんから仕方ないですけどね。

 

どうですか? 写真で見た限りはまあまあおいしそうですよね。

 

まんまと騙されました。

 

これなら1000円で食べられる、蒸し鶏カオマンガイ)か、パッタイかガパオライスのランチにしておけばよかったです。

 

ただ実は、蒸し鶏が値段的にも見た目も一番おいしそうだったんですけど、あえてカニを頼んだのには、別の理由がありまして、それは例の英会話のスピーチの話題にしようと思ったからです。

 

とにかくスピーチというものが毎回あると知らされてから、私は何を話そうか、話す話題がないということがずっと気になっていて、毎日何かないかと話題を探しているところでした。

 

このままだと来週何も話すことがなくてパニックになると、居ても立ってもいられない状態の中、タイレストランでカニを食べてきたと言えば、なんとか格好がつくかなと考えたのです。

 

そんなことのためにわざわざ出かけて行って、お金を使う自分が何だか情けなく思えてしまいますが、私はとにかくスピーチがプレッシャーで仕方がありません。

 

なんとか話題を見つけないと不安で仕方がないのです。

 

まあただそのために行ったわけでもなく、以前から一度行って食べてみたいと思ってはいたのでいいかなと思いますが、せっかく贅沢をして1800円も奮発したのに、おいしくなくてはがっかりです。

 

普段一生懸命に節約しているのに、たまの贅沢でお金を使うのはいいですが、それでコストに見合った満足が得られないと、非常に悔しいというか、後悔の念が出てきます。

 

もったないことをしたなと思い、普段の節約生活がむなしく思えてしまいます。

 

ちっともおいしくなく、満足できなかったので、やけくそになって、もう1件行ってビールでも飲んでやろうかと一瞬思いましたが、踏みとどまりました。

 

それこそまさに浪費です。一番やってはいけないことです。財布にも体にも優しくありません。

 

ということで、昨日はちょっと不完全燃焼で帰ってきましたが、果たして次の英会話のスピーチでこの事を話すかどうかはまだわかりません。

 

もし他に何か話すネタができたらそのことを話しますし、何もなかったらこの事を話すかもしれません。

 

でもその時は、食べてすごくおいしかったと言うことにします。

 

だってそれが社交辞令でしょう?

 

食レポだって、みんな口をそろえておいしいって言うじゃないですか。

 

テレビでも何か食べて、食レポでまずいって言ってるのは見たことがありません。

 

もし私が正直にまずかったなんて言ったら、それこそ場の空気が変な感じになるでしょうし、ますます私は英会話で浮いた存在になってしまうに違いありません。

 

何でこんなに気を使わなければならないのでしょうか。

 

お金を払って、わざわざ自分から申し込んだのに、もうストレスになっています。

 

まあ嫌になったらやめるだけですけどね。

 

それではまた。