50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メルカリでのトラブル

こんにちは、まるぞーです。

 

今日はメルカリでのトラブルについて書きます。

 

私はメルカリを始めて、CDとレコードを中心に、今まで40点以上もの商品を売ってきましたが、クレームなどのトラブルは1件もありませんでした。

 

むしろコメントで購入者の皆さまが、私の対応を褒めてくださるので、私は良い出品者なんだと自画自賛して喜んでいたり、メルカリでの取引を最近ちょっと舐めていたところがありました。

 

ところが今回、思いがけず購入者からクレームが来て、取引をキャンセルしたいと言われました。

 

経緯をもう少し詳しく書きます。

 

最近はもうメルカリがすっかり面倒くさくなって、新たな出品はもう長いことやっていませんでしたが、それでも今までに出品したものがかなりあり、時々忘れたころに、ぽつりぽつりと売れていました。

 

今回も以前に出品したローリングストーンズのCDが売れたので、いつも通り梱包して、ゆうゆうメルカリ便でコンビニから発送しました。

 

もう届いたころかなあと思い、メルカリのサイトを見ると、購入者からの問い合わせが来ていました。

 

商品は届いたのに、CDに入っているはずのライナーノーツ(解説と歌詞カード)がないと言うのです。

 

私が今回売ったのは日本盤で、購入者によれば、日本盤は輸入盤と違い、ライナーノーツが入っているはずで、コレクターにとってはそれが重要だとのことでした。

 

私もコレクターですので、日本盤と輸入盤の違いは承知していますが、私自身が、ライナーノーツなどどうでもいいので、全く気にしていませんでした。

 

出品の時は、出来るだけ状態を詳しく説明し、写真もたくさん載せるのですが、今回の出品には、「状態は非常に良い」「美品」などと書いておきながら、ライナーノーツがないことは明記していませんでした。

 

なぜなら私がそれに気がついていなかったからです。

 

最初問い合わせがあった時には、私もちょっとイラっとして、「写真に写っているものがすべてです」などとコメントで返してしまいました。

 

確かにライナーノーツがあるとも書いてありませんが、無いとも書いてありません。

 

ケンカしても仕方がありませんので、ここは私が悪かったと謝り、商品を送料着払いで返送してもらい、取引をキャンセルすることを申し出ました。

 

よくよく考えると、やはり私が悪かったと反省しています。確かにご指摘の通り、普通日本盤には、必ずライナーノーツが入っているので、それがないものを、美品と呼んではいけなかったと思いました。

 

そもそもなぜそのようなミスが起こったかと言うと、実はその日本盤は、私が新品で購入したものではなく、中古で購入したものだったのです。

 

もし新品で購入したものだったら、間違いなくライナーノーツはついていたはずで、中古で買ったため、ライナーノーツなどどうでもいい私には、それがないことに気づかず、見落としていたのです。

 

やっぱり私にも非はあります。ただ、購入者が購入前にコメントで聞いてくれていればこのような行き違いはなかったんですけど、でも美品と書いてあってはやはりダメですね。

 

本当のことを言うと、中古で買ったものを、買った値段より高く売って儲けようという私の下心が招いたミスでした。

 

いわゆるせどりと言うやつです。ただ、せいぜい100円から150円くらいしか儲かりませんけどね。

 

私が欲を出してそんなことをしたばかりに、とんだトラブルになり、ストレスを抱えることとなってしまいました。

 

もうメルカリは懲り懲りです。

 

まだアナログLPで、ローリングストーンズの貴重盤もたくさんあるので、いつか出品しようと思っていましたが、それこそ値段も何万もするので、購入者も当然マニアのコレクターでしょうから、ほんの些細な事でも気にされて、クレームが来る確率はもっと高くなると思うのです。

 

こんな嫌な思いをするくらいなら、ただ同然で中古屋に買い取ってもらった方がいいかとも思えてきました。

 

とりあえず、しばらくメルカリへの出品は見合わせます。

 

YouTube動画を見ると、せどりのプロに言わせれば、数十回に1回くらいはこういうクレームが来て、その際は平謝りに謝って、商品を料金着払いで返送してもらい、その送料も想定したうえで、トータルで儲かるように値段設定しているとありましたが、やはり仕事となると大変ですね。

 

私はたいして儲からないメルカリで、もうあまり面倒なことはしたくありませんし、クレームも懲り懲りです。

 

さて、商品が返送されてくるのを待っていましたら、出品者の方が、メルカリに問い合わせたところ、キャンセルができないと言われ、しびれを切らして、もういいやと投げやりになって、キャンセルを取りやめて、私の送った商品を受け取ってくれて、取引が成立しました。

 

キャンセルができなかったというのは、まだ私が商品を受け取っていなかったからで、私が返送された商品を受け取って、受け取りましたとメルカリに伝えるとキャンセルが成立するという仕組みだったのですが、購入者はそれを知らなかったそうです。

 

私としては結果オーライですが、購入者の方に不本意で、嫌な思いをさせてしまい、かなり心苦しいです。

 

これからメルカリに出品するときには、よく注意して商品説明に嘘偽りはもちろんの事、誤解を生じるようなこともないように注意深くしたいと思います。

 

そしてせどりはもう考えないことにします。

 

下心を出すとやっぱり罰が当たります。

 

それではまた。