50代セミリタイアで投資生活2

50代無職、独身男のセミリタイア生活。 資産4000万円で投資はインデックス運用です。旧ブログはこちらです。リンクから飛べます。https://maruzokun.hatenablog.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NFTアートが売れました

こんにちは、まるぞーです。

 

しばらく更新が滞ってしまいました。

 

何をしていたのかと言うと、NFTアートです。

 

私は何かに夢中になると、もうそれ以外のことが手につかず、疲れても休むことも出来ず、ひたすら取りつかれたように1つのことをやってしまう癖があります。

 

昔からそうでした。それで勉強もできませんでした。今回もまたその病気が出てしまい、この所ずっとNFTアートの事ばかり考え、毎日一日中パソコンに向かい、そればかりやっていました。

 

おかげで肩はバキバキに凝るし、目は疲れて、やっている時は目の症状も忘れてやってしまいますが、翌日になって、目が疲れているし、また例の目の症状もひどくなったような気がします。

 

昨日はさすがにこんなことを続けていたら、身体を壊してしまうと思い、1日休みましたが、今日はまた朝から今まで、ずっとNFTアートの作業をしていました。

 

それで結果は出たのかということですが、なんと、先日ついにわたしのNFTアートが売れました。

 

全く信じがたいことです。

 

ネットに書いてあったように、ただ作品をサイトにあげて販売するだけではダメなので、ツイッターで宣伝して、とにかく必死で毎日ツイッターでつぶやいたり、フォローしたり、出来る限りのプロモーションはやってきました。

 

それで疲れてしまいましたが、先日、ある外国の方からメッセージが来て、私の作品をえらく褒めてくれました。

 

ダイレクトメッセージでやり取りがしたいと言われ、私はダイレクトメッセージが何か、全く理解していませんでしたので、またネットで検索して、やり方を覚え、あとは英語がわからないので、Google翻訳を使って、いちいち英語から日本語へ訳し、また私が日本語で書いた文章を英語で翻訳して送っていました。

 

しかし、結構な長文でも、クリックするだけで、瞬時に綺麗な英文に訳してくれるのですから、なんてすごい機能なんだと感心しました。

 

これじゃあ、プロの翻訳家や通訳の人は、商売あがったりです。テクノロジーの進化とともに、仕事を失う人が出て来るんだなあと思ったら、ちょっと複雑な気持ちになりました。

 

それはさておき、ダイレクトメッセージでやり取りしていくうちに、その人が私の作品が欲しいと言い、最初はお世辞で言っているだけだと思ったら、すでに購入したとメッセージが来て、サイトを確認したら、本当に売れていました。

 

びっくりしましたが、だんだんと実感がわいてくるにつれ、これはもしかしたらいけるかもと、勘違いしてしまい、俄然やる気に火がついて、ますますNFTの作品制作と、プロモーションに没頭してしまいました。

 

ところが売れてからもう数日たちますが、その後はツイッターにいくら投稿しても、全く反応はなく、いまだに私のフォロワーは6人しかいませんし、これではどうにもならないと現実を知りました。

 

人気のある人は、フォロアーが100万人もいたり、無名の人でも普通に数千人とかいます。

 

やっぱり私には無理そうです。

 

完全なビギナーズラックで、たまたま私の作品を買うなどとという変わり者の人に出会っただけで、おそらくその人もあとで後悔するでしょうし、今後再び売れることはまずないと思います。

 

NFTなんて、私に言わせれば、裸の王様です。みな目に見えない服の存在を信じて、実際には全く実体のないものにお金を払っているだけです。

 

そしてNFTを買うという行為は、いわばババ抜きゲームのようなもので、自分が買った値段より高い値段で買ってくれる人がいるうちはいいのですが、最後に誰も買ってくれなくなった時、最後に買った人だけが大損をすると言う、いわばババをつかまされてしまった人が負けるというゲームです。

 

私は絶対に他人のNFTアートなど買いません。

 

そして私のNFTアートなんて、ただの写真です。初めは下手くそな絵をかいていましたが、自分で見てもあまりにもダメだと思ったので、写真に変えました。

 

写真なんて、スマホさえあれば誰でも撮ることができます。

 

プロの写真家が撮ったような、クオリティーの高い写真ではありません。

 

何の変哲もない、特別な技術もない、別に映っているものがスターでもなければ、美男美女でもない、美しい景色でもない、なんでもない写真なのです。

 

しかもそんなものは、私がサイトにあげておけば、だれでも自由に無料で自分のパソコンに取り込むことができます。

 

それに本物だという鑑定書がついていいるからと言って、何の価値があるというのでしょうか。

 

買ってくれた人には申し訳ありませんが、私はそんなものにお金を払う人の気が知れません。

 

そう思うと、そんな考えを持ちながらNFTをやっている自分が、なんだか後ろめたく思えてきました。

 

ただの好奇心で始めたNFTアートですが、まさか売れるとは、正直思ってもみませんでした。

 

そして売れた直後は完全に舞い上がって、もしかしたら私には才能があるのかもなどと、とんだ勘違いをしそうになりましたが、すぐに目が覚めて、現実を認識することができました。

 

まだしばらくは様子見ですが、NFTアートは、あくまで趣味の暇つぶしとして、売れない前提でやっていこうと思います。

 

まあ心配するに及ばず、まず2度と売れることはないと思います。

 

それより本業の投資が大変なことになってきました。

 

米国株の暴落です。

 

やっと下げ止まったかと思ったら、とんでもない、昨日はものすごい大幅下落で、S&P500は、ついに年初来安値を更新してしまいました。

 

私の資産は減る一方です。

 

相変わらずというか、ますます目の症状が気になって仕方ありません。

 

それが原因で、今もうつ状態ですが、株価の下落も手伝っているのかもしれません。

 

とにかく憂鬱な気分で、体調がすぐれません。

 

今日はようやく重い腰を上げて、ブログの更新をする気になりました。

 

もうNFTアートの熱も、すっかり冷めてしまいました。あとに残ったのは疲労感だけでした。

 

それではまた。